本文へスキップ

2017.06.10

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses イングリッシュ・ヘリテージ 2017

イングリッシュ・ヘリテージ 2017

バラ「イングリッシュ・ヘリテージ」を手に入れたのは2008年9月の事だから、今年で9年目になる。当時の履歴を見てみると、あんなにも小さなバラだったのに、よくもここまで大きくなってくれたものだと感慨深いものがある。今のところ、病害虫に侵された記憶もなく、全くと言っていいほどにトラブルフリー。ビュンビュンと枝を飛ばして巨大化するが、ほとんどトゲがなく、しかもよくしなるなど、非常に扱いやすい枝を持つため、中型のつるバラとして扱いやすい。個人的には非常に取り扱いが容易で、結果の出しやすいバラなので、初心者の方でもとっつきやすく初めてイングリッシュ・ローズをつるバラ化して使いたいという方にお勧めできると思っている。
肝心の花は非常に美しい。中心は上品で淡いピンク色、外周に向かうにつれて白くなる。まるで薄ピンク色の貝殻を重ねたかのような花であり、一花の美しさで見た場合、ほぼ完ぺきな美しさを持つバラである。イングロッシュ・ヘリテージは短寿命花としても有名で、花が開いたと思ったら1〜2日で褪色し、散ってしまう。個人的には美しい状態で散り急ぐバラは潔くて好きだし、巨大化する割には四季咲き性もかなり強くてどんどん蕾を上げるので、花が散ってしまったからと言って残念がる必要はないだろう。
美しい花様、素晴らしい香り、強い四季咲き性を併せ持ち、一花の寿命が短く、しかも枝をビュンビュン伸ばして巨大化したがり、病害虫にも強い。ボクがイングリッシュ・ローズに抱いているイングリッシュ・ローズらしさ・・・その全てを併せ持つ「イングリッシュ・ヘリテージ」は一度は栽培して頂きたい、お勧めの品種なんだ。

バラの撮影データ
撮影日時:2017年6月3日の午後
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
現像処理:Adobe Lightroom

コンスタンス・スプライと共演する

バラ バラの撮影データ
撮影日時:2017年5月27日のお昼
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
現像処理:Adobe Lightroom

 

バラバラの撮影データ
撮影日時:2017年6月3日の午後
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
現像処理:Adobe Lightroom

 

バラ バラの撮影データ
撮影日時:2017年5月30日の早朝
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
現像処理:Adobe Lightroom

 

バラ バラの撮影データ
撮影日時:2017年5月22日の早朝
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
現像処理:Adobe Lightroom

 


<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.