本文へスキップ

2017.05.25

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses テス・オブ・ダーヴァーヴィルズ 2017

テス・オブ・ダーヴァーヴィルズ 2017年 一番花

バラボクが育てているバラのなかでは珍しい赤系品種「テス・オブ・ダーヴァーヴィルズ」が満開を迎えた。実は赤系のイングリッシュローズ「ウィリアム・シェイクスピア2000」や「フォールスタッフ」を栽培して、これらをうまく栽培することが出来ずに枯死させているという過去があったりする。カミキリムシの幼虫被害が最も疑わしいが、そもそもの樹勢としては強いものではなかった。※フォールスタッフは2代目が植えられているが、これも若干元気がないようだ。
そんな訳で赤系のイングリッシュローズには苦手意識が植え付けられているのだが、こと「テス・オブ・ダーヴァーヴィルズ」に関してはそれが当てはまらないようで、唯一栽培に成功している赤系のイングリッシュローズとなる。
履歴を見ると2009年5月に購入しているので、今年で丸8年となる。最初は勢いがないと思っていたのだが、ここにきてすごい勢いで伸びるようになっており、勢力拡大中。ベーサルシュートの発生はないと思っていたが、バイオゴールドを投下したところ念願のベーサルシュートを発生させてくれた。これはある意味花が咲くよりうれしい出来事だ。ちなみに2016年は過去に経験したことのないほどの葉ダニの大発生により一度は葉を全て落とすほどのダメージを受けたが、いつの間にか秋口には復活して枝を伸ばし、結果として今日の一斉開花を迎えている。

コイツの特徴は言わずもがな「赤」。何とも言えない、独特の・・・、とにかく凄い赤だ。開き始め、開きたてはかなり美しく、真っ赤なクラシックバラとなる。赤系バラが好きで、大きくなりすぎないつるバラを探しているのであれば、テス・オブ・ダーヴァーヴィルズはお勧めかもしれない。

ちなみに赤系バラは撮影が最も難しいが、究極のカメラとレンズと現像ソフトにより、ここまでテス・オブ・ダーヴァーヴィルズを切り撮ることが出来ている。

バラの撮影データ
撮影日時:2017年5月24日の早朝
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
現像処理:Adobe Lightroom

 

バラ

バラの撮影データ
撮影日時:2017年5月24日の早朝
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
現像処理:Adobe Lightroom

 

バラ

バラの撮影データ
撮影日時:2017年5月24日の早朝
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
現像処理:Adobe Lightroom

 

バラ バラの撮影データ
撮影日時:2017年5月24日の早朝
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
現像処理:Adobe Lightroom

 

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.