本文へスキップ

2017.05.24

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses シャリファ・アスマ 2017

シャリファ・アスマ 2017年 一番花

バラ強香種の多いイングリッシュローズの中にあっても、特に素晴らしい香りを放つことで有名な「シャリファ・アスマ」が満開を迎えた。先にお伝えした比較的新しいイングリッシュローズのレディ・オブ・シャーロットと比較すると爆発的な開花力という点では流石に劣っているが、こと香りという面で語ろうとすると、やはりこのバラは頭抜けている
発表されたばかりの最新品種のイングリッシュローズをまだ育てたことが無いので断定的なことを言える立場ではないのだが、最近のERの傾向として特に耐病性や強健さに重点を置いているように思える。その証左としてレディ・オブ・シャーロットは耐病性が高く強健で、かつ華やかさがあり、育てやすく結果が出やすい。それではちょっと前のイングリッシュローズが新型のイングリッシュローズと比べてバラの魅力として劣っているかと言えば、全くそんなことはなく、シャリファ・アスマの非常に豊かな香りや、透明感のある繊細で美しい花様には価値があり、レディ・オブ・シャーロットが持ちえていないものである。繰り返しになってしまうが、インターネット上ではどうしてもお届けすることができないこの素晴らしい香りはイングリッシュローズの中でも随一のものということはご理解頂ければと思う。樹形・大きさ的にはコンパクトにまとまるため、場所をとって困るようなことが無い。暴れないので鉢植えでも育てやすいだろう。
こんなに素晴らしい要素が沢山あるバラなのに、驚くべきことにシャリファ・アスマは日本国内では生産中止となっている模様だという事だ。国産苗は入手できないか、出来たとしてもそれは超レアということになる。しかしながら、David Austin Roses社と直接通販のやり取りが出来るように思えるので、完全なディスコンではないと思われる。いずれにせよ自分から積極的に探しに行かないと手に入れる事はおろか、見つける事すら困難な品種となってしまった「シャリファ・アスマ」。しかしながら「香り重視」を自称しながらシャリファ・アスマがコレクションから漏れてしまっているとしたら、それは大変勿体ないと思う。ぜひ、イングリッシュローズきっての強香種「シャリファ・アスマ」を手に入れてみて頂ければと思うんだ。

バラの撮影データ
撮影日時:2017年5月24日の早朝
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
現像処理:Adobe Lightroom

 

バラ

バラの撮影データ
撮影日時:2017年5月24日の早朝
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
現像処理:Adobe Lightroom

 

バラ

バラの撮影データ
撮影日時:2017年5月24日の早朝
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
現像処理:Adobe Lightroom

 

バラ バラの撮影データ
撮影日時:2017年5月24日の早朝
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
現像処理:Adobe Lightroom

 

バラ バラの撮影データ
撮影日時:2017年5月24日の早朝
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
現像処理:Adobe Lightroom

 

バラ

バラの撮影データ
撮影日時:2017年5月26日の早朝
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
現像処理:Adobe Lightroom

 

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.