本文へスキップ

2017.05.21

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses 2017 続々開花 (2)

シャリファ・アスマ

バライングリッシュローズの中では古い品種だが、イングリッシュローズきっての強香種であり、素晴らしい香りを持つ「シャリファ・アスマ」が開花した。

繊細な花びらで傷みやすいが、その香りのすばらしさは随一。

コンパクトで扱いやすいのもチョベリグだ。

テス・オブ・ダーヴァーヴィルズ

バラウィリアム・シェイクスピア2000やフォールスタッフと、イングリッシュローズの赤バラをうまく育てる事が出来ていないのだが、唯一の例外としてテス・オブ・ダーヴァーヴィルズは非常に健在。つるバラとして大型化しており勢力拡大中。

その一輪が開花した。

残り100個以上の蕾も今週中に開くだろう。

コンスタンス・スプライ

バラ既に開花が始まっているコンスタンス・スプライ。

非常に美しい状態で開花した。

繊細な花びらで傷みやすいので、この時期の水やりは欠かせない。

言わずもがな、第一号のイングリッシュローズ。
バラ

ザ・ジェネラス・ガーデナー

バラ今年は期待が持ててる「ザ・ジェネラス・ガーデナー」

植え付けてからマレーシアに行ってしまっていたので、コイツとの本格的な付き合いはこれから。

非常に強香な品種という事が分かってきた。

エグランタイン

バラ番外編として、隣りの実家で咲きはじめた、エグランタイン(マサコ)。

ヘリテージ

バラヘリテージもボチボチと咲き始めたが、その実力はまだ1%しか発揮していない。本領発揮はこれから。

つる ブルー・ムーン

バラもともとはボクが1,000円で購入して、鉢に放置プレイされて瀕死となっていた「つる・ブルームーン」。枯れてもかまわないという事で実家の庭に打ち捨てるように植え付けたのが数年前の事だが、その場所が気に入って一気に巨大化した。

結果オーライという事で・・・。
バラ青系ハイブリット・ティ独特の、素晴らしい香りを持つバラだ。

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.