本文へスキップ

2017.05.19

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses 2017 レディ・オブ・シャーロット1輪目

レディ・オブ・シャーロット1輪目

バラ

レディ・オブ・シャーロット

バラボクが所有するDavid Austin作出のバラの中で最も新しいバラのうちの一つ、「レディ・オブ・シャーロット」が開花した。今現在は2017年であり、2009年作出と聞くとちょっと時間が経っているように思われるかもしれないが、バラの中では十分まだ新しい品種だ。特にボクの場合は2011年から2016年まで日本にいなかったので、尚更そのように感じる。

このバラはカタログを見て、半ば直感で購入したようなものだったが、その予感は大当たりしており、ボクの中ではレディ・オブ・シャーロットは「近年稀に見る傑作品種」だと勝手に評価しているものである。

香りこそ少ないものの、その美しさは写真の通り。春の一番花は多花性で、ブラインドすることなく狂ったように咲きまくってくれる。その素晴らしい姿は近日中にご報告できると思う。

強健でシュートの発生も強いので、バラの初心者の方にも手を出しやすく、結果を出しやすい品種だ。うつむいて咲くことがなく、最も美しい角度で咲いてくれるのもボクの中で非常にポイントが高い。「最近のERでお勧めはありますか?」と聞かれたら、ボクは迷うことなくこの「レディ・オブ・シャーロットは良いですよ!」とお勧めするだろう。

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.