本文へスキップ

2017.04.08

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses 2017 バイオゴールド すべては薔薇のために

バイオゴールド2016年はマレーシアから帰国した直後の年であり、久しぶりの日本での生活を立ち上げるべく庭いじりが思ったよりもできなかった年であったが、季節が一周回ってやっと余裕が出てきたため、2017年はもっとまじめにバラに向きあう年にしたいと思っている。
また庭にバラを植え付けてから結構な年月が経っており、特にマレーシア赴任していた5年の間に庭土がかなり疲弊してたり傷んでしまっていると感じているため、今年は久しぶり「バイオゴールド セレクション 薔薇 ~すべては薔薇のために~」を投入することにした。
バラ栽培をしている方であれば知らぬものはいないであろうこの肥料は、3.8kgで4000円と通常ホームセンターで販売されているものよりかなりお高いものであるが、その効果は抜群で以前この肥料を用いた年は鬼のように咲いてくれたという実績がある。

また、2016年のバラ栽培を通して感じた事は、近所のホームセンターで手に入る一般的な肥料・土の品質が、ボクが知っている5年前のそれよりも低下していると感じたことも大きい。具体的には、バラを買ってきて、以前と全く同じ銘柄の土・肥料で全く同じ配合をしているのにもかかわらず「育たない・根がつかない・しかも枯れる」のだ。それも何本も。最初は育たないバラをみて「?」マークの連続だったのだが、父の「ホームセンターの土じゃダメで、農協の土じゃないと野菜がうまく育たない。」という言葉にピンと来たのだ。これは推測の域を出ていないのだが、あまりにも育たない現状を鑑みるに、何かを変える必要があり、まずは土の購入先を変えるというのは有効なんじゃないかって思っているんだ。
バイオゴールドいずれにせよ、これが「バイオゴールド」。普通の肥料をテーブルの上に置こうなんて全く思えないが、バイオゴールドは非常に清潔な肥料であり、臭いも少なく、一粒一粒が「立っている」。明らかに高そうなオーラを発している。

今年はコイツを継続的に使う事により、土壌改善・土壌改良に努めたい。また、よく見ると雑草がはこびっており、細かく散らばった枯れ枝や枯れ葉が散乱しているため、それらを除去し、「管理されたバラの庭」に近づけたいと思っているんだ。


<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.