本文へスキップ

2016.05.16

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses 2016 クラウン・プリンセス・マルガリータ 開花

イメージ

「クラウン・プリンセス・マルガリータ」は今はなき「ウィリアムシェイクスピア2000」と同時に買った、正真正銘ボクが人生で初めて購入したバラ2本のうちの1本である。そんなマルガリータだが、ボクがマレーシアに赴任してからというものカミキリムシの幼虫被害しか考えられないような原因不明の大乱調に陥り、酷いときには名前の通り腰高さ以下のマルガリ状態となってしまっていた。
あまりにも調子が悪かったので、一年様子を見てダメだったらぶった切りのぶっこ抜き対象となっていたのだがどういうわけか2015年から大復活を遂げたようで、2016年は2015年に伸ばした数メートルのシュートから蕾をたくさん上げるようになっていた。

2016年5月 クラウン・プリンセス・マルガリータ一輪目

イメージ そしてこれが2016年に咲かせた「クラウン・プリンセス・マルガリータ一輪目」である。ボクがバラ栽培を始めたばかりのころ、初めてマルガリータの整形花を見たときは、「正面が美しい」と思ったが、あれから何年も経った今回も、当時と全く変わらない「正面 が美しい」バラである。まっすぐ前を見据えて正面から切り撮る。これが、このバラの美しさを最大限に引き出せる撮影方法だ。

2016年5月 クラウン・プリンセス・マルガリータ 1〜5輪目

イメージ 上記の写真を撮影した翌日になると、一気にほかの蕾も開き始めて見ごろを迎えようとしていた。原因不明の大乱調により、このバラの本来のポテンシャルをいまだに引き出せていないのだが、今年は葉の茂り方も密で大きく成長させることが出来る予感がしている。最も付き合いが長く、思い入れのある最初の一本は、これからも長い付き合いになりそうだ。

バラの撮影データ

イメージ 撮影日時:2016年5月13〜14日の早朝
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
使用レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
現像処理:Adobe Lightroom


<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.