本文へスキップ

2016.05.11

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses 2016 ピース 開花

イメージ2016年5月現在、我が家においての圧倒的多数はイングリッシュローズであり、ハイブリット・ティローズはマレーシアに赴任する前に手放してしまった。しかしながら、たった一つだけハイブリット・ティローズを残していたりする。

それは、バラを趣味にしているのであれば知らぬ者はいないだろう。バラを趣味にしているのであればこのバラの名前を見たことも聞いたこともないという者はいないだろう。世界バラ会議で初代殿堂入り品種でもあり、バラの中のバラ、キング・オブ・ローズ、「ピース」である。
イメージその日の早朝は蕾だったのだが、仕事が終わって帰宅すると見事なまでの一輪目が開花していた。

「ピース」きたーーーーーーー!

ピースの一番花を拝見できるのは実に5年ぶり
これやばい。これぞキングの風格。
その他のバラが咲くのとはちょっとわけが違う。
イメージ真上からとらえた様子。
イメージTOYOTA 86の赤をバックに撮影してみた。

たったの一輪しか咲いていないんだけど、オーナーを十分に満足させてくれるパワーがこのバラにはある。

唯一惜しいのは香りが微香であることだが、この絶世の美しさを目の前にするとそんなことはどうでもよくなってくる。
イメージ強剪定を施しているので株立ちは小さいが、ここまで見事な花を咲かせてくれるのであれば今年は大型化を目指し、冬剪定を弱めにしてみてもよいかもしれない。
イメージこれはピースの蕾。
蕾の間によく陽に当たったところがピンク色に染まる複輪花だ。

このバラには、まだ20個以上の蕾が控えているのだ。

真のお楽しみはこれからだ。
バラの撮影データ
撮影日時:2016年5月11日の夕方
撮影機材:Nikon D4
使用レンズ:AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
現像処理:Adobe Lightroom

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.