本文へスキップ

2015.06.07

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses スキャボロー・フェア 2015

イメージ

今回は我が家における絶倫品種「スキャボロー・フェア」の登場である。世の中に出回っているバラの中には、四季咲き性と紹介されてはいるが、実は大して繰り返し咲かない品種も数多くあるが、「スキャボロー・フェア」に限って言うと、コイツはマジ絶倫。どのくらい絶倫かというと、一番花から始まってシーズン終盤まで休むことなく花を咲かせ続ける品種なのだ。

パッと見た第一印象として枝ぶりが小さくて、花弁の少ない花を付けるので、樹勢の弱い弱小品種と誤解されてしまうがそれは全然違う。スキャボロー・フェアの株立ちが小さいのは弱小だから小さいのではなく、あまりにも四季咲き性が強すぎる絶倫品種がゆえに小さいのだ。つまり、枝が伸びる、花を咲かす、花枝を切り戻す。伸びる、咲かす、切り戻す。伸びる、咲かす、切り戻す・・・。を、シーズン中延々と繰り返すので、株が大きくならないのだ。つまり、一番花の後は花が咲かずに枝が伸びる方向に成長するつるバラとは間逆の特性を持った真の四季咲きバラといえる。

また、四季咲きと言われる品種でも本当に美しいのは一番花と秋バラの二回だけであり、3番花、4番花などは一番花とは似ても似つかぬ貧相な花を咲かせる品種が多い中、スキャボロー・フェアは元々花弁が少ない花なのでシーズンを通して安定的な美しい花を咲かせ続けてくれるのが大きな利点であり、武器である。

よって、植えつけた時はさして大きな期待を寄せていた訳では無かったのだが、この絶倫ぶりによって今ではかなりのお気に入り品種となっているのだ。

スキャボロー・フェア

イメージ これが、スキャボロー・フェア。華やかなバラがカタログ上を飾っている中、敢えてこのバラを選ぶ必要性を感じる方は少ないと思うが、気が付いたら全ての品種をゴージャス系でまとめてしまい、毎日ステーキ・とんかつ・ハンバーグ状態で胃もたれしてしまう庭になってしまっているかもしれない。ステーキ・とんかつも良いが、献立の中にあっさりメニューを加えるのも大事だと思う。

花だけでなく葉も美しく、独特の花と相まって「和」の表情をたたえたバラであるが、うどん粉にかかりやすい印象があるので適切な薬剤散布を怠らずに。

たぶん、コイツの良さは買って植えつけた直後では分からない。2シーズン、3シーズンをコイツと供に過ごす事によって初めて「アレ?実はこのバラってスゴいんじゃ・・・?」と気が付いてしまう、そんな品種。普通のゴージャスバラに飽きてしまった通な人にお勧めの一品である。

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.