本文へスキップ

2015.05.24

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses 2015

イメージ

本HPを訪問して下さっている方はすでにご存じの事かと思うが、ボクは現在マレーシア在住につき、どうしても「shinzou’s Roses」の更新だけが出来ない状態が数年も続いてしまっている。それもそのはず、ボクがバラに触れられるのは一年間365日のうちたった一週間程度という大変短い間であり、しかもその時期はバラの一番花シーズンではなくて、バラが体力を消耗している夏なのだ。つまり、2011年4月にマレーシアに来てから今までの丸4年間は「バラと全く触れ合う事が出来ていない」ということに他ならない。shinzou's Rosesの更新を楽しみにして下さっている方々には大変申し訳ないのだが、このような状態ではshinzou's Rosesを定期更新をしたくても出来ないと言う事をご理解いただければ幸いである。

ところで、バラは素晴らしい美しさや香りを手に入れた代償として、人の手入れが絶対に必要な「か弱い」植物であるため、持ち主不在で4年も放置したら間違いなくそのバラは朽ち果てて庭は荒廃してしまう。しかしながら、ボクのバラは父母が面倒を見てくれており、その努力の甲斐があって今年も満開となったそうだ。父母いわく今年は咲き年。ボクは取り急ぎ日本に帰りたいと思う事はほとんどないのだが、このようなバラの便りを聞くときだけは、日本に帰りたくなってしまう。

バラの一番花については2010年5月を最後に、2011年〜2015年の丸5シーズンを棒に振った事になるが、ボクが所有しているバラの特徴、香り、その美しさは全て頭の中に入っており、日本から送られてくる写真を頼りにHP上でご紹介する事は可能。更新を楽しみにして下さってここを訪れるが、一向に更新されないshinzou's Rosesに肩を落としてしまっている方へ、せめてもの償いとして2015年一番花のご紹介をさせて頂ければと思うんだ。


<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.