本文へスキップ

2013.08.31

shinzou's Roses コラム

真夏のバラ 2013

最大で60株以上あった我が家のバラも、カミキリムシ被害や原因不明の生育不良で淘汰された結果、今現在では30品種程度に制限された。手に入れたが元気のないバラを何とか生きながらえさせようとするのか、それともバッサリ諦めるかは、その人の考え方次第だ。ボクの考えではバラも競争社会の中に生きているので、ボクの庭のバラだってある程度淘汰されて然るべきと考えている。
逆に言えば、庭に残っているバラたちは競争の中で勝ちぬいてきているバラであり、バラにとって過酷すぎる日本の夏でも素晴らしい花を咲かせてくれているのだ。以下は、真夏の一時帰国時に咲いていた我が家のバラたちの画像である。

レディ・エマ・ハミルトン

イメージおすすめの強香種。
四季咲き性に優れており、扱いやすい品種だ。

ジュビリー・セレブレーション

イメージ強香種。
四季咲き性に優れた品種。

花枝が細い割には重たい花を咲かせるので
うなだれて咲くのが勿体ない。

クイーン・オブ・スウェーデン

イメージ香りが強い品種とは言えないが、
形が整った大変美しい花を咲かせる品種。

枝も横広がりにならず、直立型なので栽培も楽なので初心者にお勧め。

スカボロ・フェア

イメージ桜のような独特の儚さを持つスカボロ・フェア。
マイナー品種。

小さくて散りやすい花だが、四季咲き性に優れていて、
シーズン中咲き続けてくれる。

鉢植えにも向く。

シャリファ・アスマ

イメージ超・強香種。

甘いフルーツ香。

とにかく香りが強い品種が欲しいのであれば
シャリファ・アスマがお勧め。

四季咲き性に優れて小さくまとまるので鉢植えにも向く。

クイーン・オブ・スウェーデン

イメージ

ヘリテージ

イメージ樹勢が強い中型品種。
仕立てによってはつるバラにも成り得る。

貝殻のような花びらが渦巻状になって咲く。
花は散りやすい

コンテ・ドゥ・シャンボール

イメージ強香種。
香りのオールドローズの定番品種だ。

オールドローズらしい棘も魅力的。

ジュビリー・セレブレーション

イメージ

コーヴェデイル

イメージハート形の花びらが愛らしい、マイナー品種。
思いのほか樹勢が強く、カミキリムシ被害にあっても何とか持ちこたえて復活してくれた。

スカボロ・フェア

イメージ英国生まれのバラであるが、和の雰囲気を持ち合わせている。

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.