本文へスキップ

2013.06.04

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses 2013 オープン・ガーデン

イメージボクがバラを育てている理由、それは自己満足は当然のことであるが、以前申し上げたように地域の美化という壮大な目標があったりする。自宅の庭をバラで埋め尽くす事によって、地域に何らかの影響を与え、周りの環境が少しでも華やかになってくれれば、それは少なくともボクにとってマイナスにはならないだろうし、地域への貢献にもなるだろう。
そんな壮大な事を結構本気で考えていたのだが、それ以前に趣味よりも仕事が大事なのは、歴然とした事実であるのでボクはマレーシアで働くという選択をして、実際今現在もマレーシアで働いている訳である。

話変わって、バラは園芸品種として美しさを最優先されて交配が進められてきた結果、自然界に生きる植物と比して、非常に弱い生きものである。チワワが自然界で生き残れないのと同じで、園芸品種としてのバラは自然界では生き残る事が出来ないのだ。つまり、バラが生きていくためには人の手が絶対に必要であるのだが、ボクはそのバラの面倒を見る事が出来ないのだ。しかし、大変運が良い事にボクのバラたちはすぐ真向いに住むボクの両親が面倒を見てくれている状態だ。

 

イメージ 実は、真向いの実家にもバラは植えられている。代表品種はエグランタインを筆頭として幾つかあるが、以下の写真は実家で咲き誇った、銘花中の銘花「アイスバーグ」である。さすが殿堂入り品種。これ以上の白薔薇はアイスバーグを置いて他にないだろう。そして左上に写っている紫のバラは「つる・ブルームーン」。これ実は以前、ボクが園芸店にて1000円というプライスに衝動買いして、ボクの庭では生育不良に陥ったので、枯れてもいいから無責任に実家の庭に勝手に植えたものである。それが活着してアイスバーグと見事な競演を果たしているではないか!。

 

イメージ 子供のころから両親の行動力には脱帽させられているのだが、今年いきなりボクの庭と実家の庭を使って、「オープン・ガーデン」を開催したというのでご報告したい。ボクはホームページ上では自分の庭に公開する勇気はあるが、実際に人様に来ていただいて公開する勇気は持ち合わせていない。しかし、それを恐れずにやってしまう両親のパワーというか、バイタリティには恐れ入ってしまった・・・。
どう行った成り行きでオープン・ガーデンをする事になったのかよく分からないのだが、ご近所の雑貨屋さんと意気投合して、とにかくやる事になったそうだ。

どのように告知したのか、これまたよく分からないのだが、大盛況だったようで、近所の方は当然として、少し遠く離れたところから訪れてくださった方もいたようだ。
中には本ホームページ「shinzow's Roses」を見ている方も居たそうな。

 

イメージしかも、地元の新聞にも載ってしまったようで、多い時には100人も来てしまったそうだ。

これが実際の紙面であるが、どうやらコンスタンス・スプライは散ってしまっているが、ピエール・ド・ロンサールとルージュ・ピエール・ド・ロンサール、そしてティー・クリッパーなど丁度見ごろを迎えたタイミングに見える。

 

イメージ少し恥ずかしい気もするが、これは大変ありがたく、嬉しいことだ。なぜならば冒頭に述べたように、ボクがバラを育てている理由は周辺の方々に少しでも影響を与えて、ボクが住む地域が少しでも華やかになってくれれば・・・。と言う思いがあるからだ。実家やボクの庭を見て、バラを育ててみたいと思った人がいるのであれば、ボクがバラを栽培している価値は確実にある。
それよりもなによりも、誰も来てくれないかもしれないとか、そういった事を考えずに、まず行動してしまう両親の行動力に脱帽した。見習わなければと思ったオープン・ガーデンである。

 

イメージピーエル・ド・ロンサールとコンスタンス・スプライ。

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.