本文へスキップ

2012.08.31

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses バラの成長を実感 2012

バラを毎日見ていると、そのバラの成長具合が分かりにくかったりするが、逆に、久しぶりに見るとその成長具合がよく分かることがある。一年振りともなれば尚更のことで、「こんなに大きくなったの?」と驚かされることが多々あった。自分の子供の成長は実感が湧かないが、友人の子供に久しぶりに会ったときにその成長に驚かさせるのと同じようなものである。
ところで、バラの成長を最も実感するのはバラの何を見た時だろうか。枝の高さ、大きさだろうか。シュートの発生、葉の茂み具合、あるいは花を咲かせてくれている量だろうか。それらは確かに成長を実感させてくれる要素の一つであるが、ボクの場合、成長を最も実感するのは、株元の太さなんだ。

ルージュ・ピエール・ド・ロンサール

イメージボクが最も好きな株元を持つのが、ルージュ・ピエール・ド・ロンサール。

もともと立派な株元を持っていたが、一年振りに見たそれは大人のこぶし以上の大きさに成長しており、驚かされた。
このバラのここの部分は、所有するすべてのバラで一番好きだ。

花がボール状になって開きにくいのが欠点だが、この株元が好きで手放せない。

コンスタンス・スプライ

イメージ購入した時は新苗で、割りばしのような細さでしか無かったコンスタンス・スプライであるが、今ではがっちり根付いて立派になった。

購入当初のコンスタンス・スプライ。

コンスタンス・スプライ

イメージ

コンスタンス・スプライ

イメージこれもコンスタンス・スプライ

今では頂点の地上高さは4mを超す株に成長した。バラ栽培冥利に尽きる。

ピエール・ド・ロンサール

イメージこれも図太くなった。とんでもなく元気なシュートを発生させており、来年も期待が持てる。

ヘリテージ

イメージヘリテージも元気元気。
一回り太くなって安心。

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.