本文へスキップ

2012.08.31

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses 一時帰国 2012

イメージボクは年に一度だけ日本に帰国する方針であるが、時間が経つのは早いもので、前回の一時帰国からあっという間に一年が過ぎてしまった。あっという間といえども、基本的に年に一度しか日本に帰国できないので、この一時帰国はボクにとって非常に貴重である。日本に帰るにあたって楽しみはいくつかあるが、自分のバラに会えるのは非常に大きな楽しみであるのはロザリアンであれば当然のことであろう。
一般的に、園芸品種としてのバラは放置すると醜く朽ち果ててしまうものであるが、父・母が定期的に面倒を見てくれているおかげで想像以上に、非常に健全な状態で庭が保たれていたのには正直驚いてしまった。その証拠に下記の画像のように夏場の盛りにもかかわらず3番花・4番花を咲かせてくれていたのだ。感謝!。

ピース

イメージ基本的には黄色をベースとした複輪花であるが、今回は強いピンクが出ている。
ハイブリットティの王者の風格は健在だ。

ピース

イメージボクの帰国に合わせてくれたかのように10花程度の花を次々咲かせてくれていた。真夏の盛りに関わらず、この咲き方はこの株の健全具合をよく表していると思う。。

レディ・オブ・シャーロット

イメージ

レディ・オブ・シャーロットとジュビリー・セレブレーション

イメージレディ・オブシャーロットはとても強健に生育をしており、ぶっといシュートをバンバン出しながら花を咲かせてくれていた。
この株は、大当たり。

ジュビリー・セレブレーションも日当たりのよい場所に地植えしてからはこの場所が気に入ってくれたようで順調に成育中。

この2株はお互い喧嘩することもなく、相性がいいようだ。

クウィーン・オブ・スウェーデン

イメージ直立の株立ちを持ち、枝が暴れなくて扱いやすい。
相変わらずまっすぐ伸びている。絶え間なく花を咲かせてくれているようだ。

ウィンド・フラワー

イメージ最も美しいイングリッシュローズとされる、ウィンド・フラワー。

レアなマイナー品種だが、普通のイングリッシュローズに加えて、ちょっと変わった品種を加えてみたい方にはお勧めだ。

スノー・グース

イメージボクがお手本としている本「つるバラのすべて 村田晴夫著」で近年稀に見る傑作品種と評されているイングリッシュローズである。

レディ・オブ・シャーロット

イメージジュビリー・セレブレーション
コーヴェデイル。

ストロベリー・ヒル

イメージフォール・スタッフ
ジュード・ジ・オブスキュア
エブリン
サー・ジョン・ベッジャマン

の盛り合わせ。

ウィンド・フラワー レディ・オブ・シャーロット

イメージその他の盛り合わせ。

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.