本文へスキップ

2010.10.17

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses ピース 2010

イメージ「世界バラ会連合初代殿堂入り」
「20世紀を代表するバラ」
「銘花中の銘花」
「平和の象徴」
「奇跡のバラ」
「永遠の銘花」

これらは全て、ある一つのバラに向けられた言葉である。第二次世界大戦下、ヨーロッパに暗雲が立ち込める中、フランシス・メイアンが作出した最高傑作。フランスがドイツに降伏し、街が占領される一歩手前でアメリカの友人に託された一本の苗木はその後、歴史に残る銘花中の銘花となった。
ベルリン陥落を記念して「ピース」と名付けられたこのバラは、ありとあらゆる賞を会得、世界中で爆発的な人気を呼んで、その出荷数は5000万本以上とされる。交配親としても優秀で「ピース・ファミリー」と言われる一群を形成。ピラミッドの頂点に位置している、まさに究極のバラである。

 

イメージロザリアンであれば知らないものはいないであろうこのピース、実は欠点?もある。
それはあまりにも有名な上に、権利が切れているので誰にでも増やせ、その結果どこででも安価に見つけることができる超定番の品種になっている事だ。

ボク達は趣味でバラを栽培している以上、人と少し違った品種を栽培してみたいという欲求を必ず持っている。そんな中、バラに興味のないお宅の庭にだって植えられているピースをあえて植えようとは思わないだろう。
しかも、バラ栽培を始めた当初はハイブリット・ティ嫌いだったため、ハイブリット・ティの大御所たるピースは完全に興味の対象外であった。

しかし、バラについて知れば知るほどピースは特別なバラだってことに気がつくのだ。3年カタログに残れば優秀とされるバラ業界で、これほどまでに世界中で愛され続けているバラは、ピースだけであろう。
また、エピソードをもったバラは、それを見る者に訴えかける説得力をもつ。その点でも、これほどまでにドラマティックなエピソードを持つバラは、これまたピースだけである。

ピースには全く興味が無かったボクであるが、知れば知るほど、どうしてもこの手で育ててみたくなっていたんだ。

 

イメージ 実際に入手して育ててみると、60年前に作出されたバラだけあって、黒点病を発症しやすいことにすぐ気がつく。定期的な薬剤散布をしなければ、春はうどんこ病も患う気難しさがある。また、2010年春の1番花は異常寒波の影響か、ブラインドを激発して2輪程度と、ボクとピースの幕開けは散々な結果であった。
夏は夏で異常な暑さと、梅雨時に患った黒点病の影響で殆どの葉を落とし成長がストップ。その結果、ボクのピースに対する感想は60点くらいであった。

しかし盆が明け、9月に入って涼しくなってきたころに、ピースに変化が現れたのだ。夏の間カチカチに固まっていた芽が急に動き始め、大変美しい深緑色の照り葉を展開させながらグングンと成長。そしてその1ヵ月後、究極的ともいえるほどの超美麗花を咲かせたのだ。それも次々と
下の画像は10月中旬の画像であるが、この葉の美しさは特筆すべきものがある。直径15cmの巨大輪でクリームイエローにピンクの覆輪がのったバラ。これぞまさに王者の風格。北斗の拳で言えば「ラオウ的オーラ」を放つそれは、ボクが頭の中で思い描いていたピースそのものである。
一点だけ、意外だったのは思いのほか香りを持っている事だった。微香〜中香の間であるが、これぞバラ!という香りを放つ。今まで無香というイメージを持っていたが、それを覆されてしまったのだ。

ボクはこれを以ってピースのになってしまった。このバラは、深い。深すぎる。ハイブリット・ティは鉢栽培がボクの方針だが、ピースだけは地植えで本格的に育ててみたい。大株に成長させ、そのポテンシャルを最大限に発揮させたくなったのだ。冬は剪定・誘引シーズンであるが、同時に移植の絶好機でもある。今年の冬も、忙しくなりそうだ。

 

イメージところで、ピースは他を寄せ付けない圧倒的な存在感を持つバラであるがしかし、意外なことに他のバラとの相性が良い。このことは、たまたま隣あったシャリファアスマと妙にマッチしていたことがきっかけで気がついた。この理由を考えてみたのだが、ピンクの覆輪が「つなぎ」の役割を果たしているのであろう。以下は、ピースと鉢バラのコラボレーション・ギャラリーである。

ピース/シャリファ・アスマ

イメージNikon D300
Micor Nikkor 105mm f2.8

f8
1/320
-0.7補正
ISO400

Capture NX2で現像処理

ピース/シャリファ・アスマ

イメージNikon D300
Micor Nikkor 105mm f2.8

f10
1/200
-0.3補正
ISO400

Capture NX2で現像処理

ピース/ハーロウ・カー

イメージNikon D300
Micor Nikkor 105mm f2.8

f8
1/320
-0.7補正
ISO400

Capture NX2で現像処理

ピース/ミスター・リンカーン

イメージNikon D300
Micor Nikkor 105mm f2.8

f8
1/200
-0.7補正
ISO400

Capture NX2で現像処理

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.