本文へスキップ

2010.07.06

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses 2010 バラと写真

イメージバラの撮影方法について、ボクなりの解説をしている今回のコラム。
前回はバラを本格的に撮りたいのであれば、一眼レフカメラが必要であることと、そしてバラ撮影に向いたレンズについて解説してみた。一眼レフという言葉が出てきてしまった時点で無理だと思った方は多いと思うが、興味のある方は引き続き付き合っていただければ幸いである。

  もくじ
カメラ選び
レンズ選び
花選び
背景選び
画像処理

今回は、撮影する「花の選び方」について書いてみる。これは選び方というよりも心構えの問題である。

3.花選び
一歩庭に出ると目の前にバラが咲いていて、周囲に馥郁たる香りを漂わせていたとする。そのバラは苦労して咲かせたものなので、愛着が湧くのは当たり前のことである。この時、カメラを手にしていたとすれば、ほとんどの方はそのバラを撮影しようとするハズである。しかし部屋に戻って撮影した画像をモニターで確認した時、その画像は見たときの感動まで写しこめているだろうか。非常に残念だが、ほとんどの場合は後で見返すことがないような画像であることが多い。

 

イメージ何故そうなってしまうのか。それは、「完璧なバラ」を選んで撮っていない可能性が高い。今、目の前にあるバラは甘い香りを放ち、多少の粗があったとしても美しく見える。しかし、PCのモニターで確認した際に真っ先に目につくのは型崩れ、シミや変色である。現実とモニターから受ける印象は全然違うので、このようなミスマッチが起こる。

「百花・千花の中から、最高の一輪を選ぶ」

これはボクがバラを撮影するうえで最も大切にしている心構えである。

 


繰り返しになるが、目の前にバラがあったとしても、焦ってシャッターを切ってはいけない。シャッターを切った瞬間それで満足してしまい、本当に美しい一輪を見落とす可能性がある。一つ一つの花をつぶさに観察し、美しいバラの中から、最も美しいバラを選びだす心構えを持つ。たったそれだけのことで、あなたの写真は急激にうまくなるはずだ。

ちなみにボクは完璧なバラが見つからない場合、撮影そのものをやめることがとても多い。それほどバラ写真はシビアなのだ。とても大切なことなのでもう一度。「百花・千花の中から、最高の一輪を選ぶ」心構えをもって撮影に臨む事が必要なんだ。

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.