本文へスキップ

2010.06.05

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses 2010 腐らん病?その後

イメージ一部の品種に腐らん病と思わしき赤紫色の斑点が発見されたのが1月2月の事であるが、実際にはそれが何なのかよく分からずに、開花に影響があるんじゃないかと心配したものである。グラハム・トーマスやピースなどいくつかの品種に発生がみられたが、最も深刻だったのはティ・クリッパーであった。

そして実際に一番花を迎えて出した結論は、「赤紫の斑点は開花には全く影響が無かった」と言う事をご報告したい。赤紫斑点よりもむしろ、4月の異常低温によるブラインドの激発やうどん粉病、バラゾウムシによる被害の方がよっぽど影響があった。結局のところ、あれが何だったのかよく分からないままだが、赤紫斑点の影響は無視できるものとして、心配することなく付き合っていきたいと思う。

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.