本文へスキップ

2010.04.12

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses 我が家の人気品種

イメージボクは所有するすべての品種について、1つ1つデータを収集し、履歴を残す意味でホームページ上に公開している。左図のように、トップページの左から閲覧可能なので、興味のある方は参照して頂ければと思う。

雨が降る暇な休日、特に用事もなく時間を持て余していたボクの頭に、ある1つの興味が湧いてきた。それは、「ボクが所有するバラの中で、巷で一番人気があるのは、どの品種?」である。

それを調べるのは、実は簡単だ。yahooにはアクセス解析と言うツールが用意されており、そのページを過去に何人閲覧したか一目でわかる便利なシステムがあるのだ。

そこで、上記品種データへのアクセス数を調べてみることにした。

 

イメージ その結果がこのグラフだ。単純にアクセスが多い品種が人気品種とした。すると、ある一つの品種がズバ抜けてアクセス数を伸ばしている事が分かる。その品種こそが、エブリンだったのだ。ボクの中で、エブリンがこんなにも突出していたとは予想外であったが、イングリッシュローズの中で随一の香りを持つエブリンはみんなの興味の対象となっているのかもしれない。「エブリンはどうですか?」と聞かれれば、即答で「お勧めです!っていうか、イングリッシュローズガーデンには必須です!」と答えることには間違いない。

 

ちなみに、上位10品種は下記の通り。ハイブリット・ティやデルバール、オールドローズは全てランク外。改めてイングリッシュローズ人気を見せつけられた思いだ。2位のヘリテージは定番品種。3位のレディ・エマ・ハミルトンはボクが所有するバラの中で最も優秀な一本だ。個人的には、シャリファ・アスマやクラウン・プリンセス・マルガリータが頑張ってランクインしてくれた事が嬉しいと思ったりしている。ちなみに、最も人気がなかったのはモダン・タイムズ(155票)である・・・・。順当かもしれない。
順位 品種名 アクセス数
1位 エブリン 1671
2位 イングリッシュ・ヘリテージ 949
3位 レディ・エマ・ハミルトン 943
4位 クレア・オースチン 909
5位 プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント 808
6位 ウィリアム・シェイクスピア2000 757
7位 アブラハム・ダービー 750
8位 シャリファ・アスマ 719
9位 クラウン・プリンセス・マルガリータ 701
10位 ジェントル・ハーマイオニー 663

 

イメージところで、ボクはこの結果を見て、本当に一番の人気品種は「クレア・オースチン」だと考えている。理由は、クレア・オースチンを公開したのが2009年5月30日。エブリンは2008年7月だ。つまり、アクセス数を日割りするとクレア・オースチンのアクセス数はエブリンを上回っているのだ。
クレア・オースチン。2007年発売にもかかわらず、流通量も少なく国産苗の入手は未だに困難な状況にある。気になっている方も多いのではないだろうか?

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.