本文へスキップ

2009.03.08

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses パパ メイアン

ボクにとってハイブリットティローズは、「単なるケバい花」でしかなかったため、完璧に候補から外れている品種群であった。しかし、先日のバラ剪定講習会をきっかけに、「実際に育ててみればハイブリットティも面白いかもしれない。」と思うようになっていた。もちろん、ハイブリットティならば何でもよいと言う訳ではない。イングリッシュローズに魅かれてバラに目覚めたボクにとって、芳香という要素は絶対必要である。香りの無いハイブリットティを選ぶ位だったら、別のオールドローズかイングリッシュローズの方が圧倒的に優先順位が高い。

そんな訳で、ハイブリットティであったとしても必然的に強香種である必要があるが、調査の結果、「バラのなかでも屈指の強香を持つと言われる、「パパ・メイアン」ならば育てる価値がある。」との結論に至っていた。

 

イメージそんなことを考えながら園芸店に足を運んだところ、丁度入荷したての「パパ・メイアン」を発見。値札を見ると980円である。普段高額なイングリッシュローズを如何に安く手に入れるか考えているボクにとって、破格の安さである。もはや今、目の前にあるハイブリットティ、「パパ・メイアン」を手に入れない理由は無くなった。

そんな訳で、25品種、28本目にして遂にハイブリットティを迎え入れることになった。ハイブリットティを「面白い!」と思うか「やっぱり合わない」と思うかは、すべてこのパパ・メイアン次第。前者となることを期待しつつ、数ヵ月後の開花を楽しみにしているんだ。

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.