本文へスキップ

2008.11.28

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses バラ苗のネットショップ利用について

先日注文した「ア・シュロップシャー・ラッド」の苗が、約1週間で自宅に届いた。e-フラワーというショップで2000円(+送料600円)という破格値で出てたものを、さらに楽天ポイントを使って送料込みで200円でゲットしたものだ。届いた苗は骨格がしっかりしており、全く問題なかった。

 

イメージ 一般的に言って、何かを購入する際は実物の状態を目で見てから購入する方が失敗が無い。その事について全く異論はなく、ことさら植物のバラ苗などは実物を見て手に入れる方が望ましいのは明白だ。しかし、ボクが現在までに購入した16本のバラ苗のうち、ネット注文が10本を占める。積極的にネットを利用してバラ苗を手に入れているのだ。
ネットの最大のメリットは「安い」ことと「膨大な品種数」が挙げられる。ボクの住む地域でイングリッシュローズの苗を扱っている店舗は数えるほどしかなく、結果的に比較的値段も高いうえに限定された品種数になってしまう。対して、楽天のサイトに飛んで「イングリッシュローズ」と検索をかけるだけで、圧倒的な店舗数と品種数が引っ掛かる。競争も激しく、すなわち「安い」場合が多い。大抵どこかでセールが始まっている。安さ優先で選んでいる結果、毎回違うショップを利用することになるが、大きな外れ苗を引いた事は今のところ一度もない。ただ単に運がいいだけなのかもしれないが、変なものを売るとすぐにクレームが飛んで返品の憂き目に遭うだろうし、店の評価で袋叩きに遭うだろうから、ある一定の品質を保っていないと商売にならないのであろう。

ところで、ボクはネットショップの中でも楽天を多用している。その最たる理由は、楽天ポイントの存在がある。生活していると様々な場面で「ポイント」が貯まっていくが、それらは楽天で使えるポイントと互換性がある場合が多いのだ。これを利用しない手はなく、ありとあらゆるポイントを楽天ポイントに変換することによって、何もしないでも月に1000〜2000ポイントくらい貯まってしまう。これとセールを組み合わせることによって、「ピエール・ド・ロンサールが2本で300円」「ア・シュロップシャー・ラッドが200円」などといったあり得ない値段でバラ苗を手に入れる事が出来るのだ。たった数百円で一定品質の苗が得られるのだから、ネットショッピングを利用してバラ苗を手に入れる方法は、個人的にはお勧めである。

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.