本文へスキップ

2008.10.18

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses ジュビリー・セレブレーション

一本木公園の秋バラ祭りに行った目的の一つは「苗のゲット」だが、狙っている「苗」とはいくつか候補があるうち、最重要なのは「ジュビリー・セレブレーション」である。女王陛下の即位50周年にちなんで名付けられたそれは、あらゆる面で最高の品種の一つと聞く。ボクも妻もレディ・エマ・ハミルトンやエブリンのようなフルーツ香が好みであり、この花形と色合いは所有していないこともあって、「ジュビリー・セレブレーション」はどうしても手に入れたかった品種なのだ。しかし、園芸店で見かけることはもちろん、ネットで検索をかけても在庫が無かったり他品種と比べてやたらに高額であったりと、今まで縁が無かった事も事実である。

そんな中で一本木公園の秋バラ祭りの開催である。広告を見ると「苗の販売」もコンテンツにあった。しかし、10月中旬に来シーズンのイングリッシュローズ大苗が入っているとは考えにくいので、苗の数は期待できない。何より、膨大にある品種の中で欲しい品種、それも「ジュビリー・セレブレーション」などが都合良く置いてあるとは到底思えないのだ。それでも、多少なりともイングリッシュローズが置いてはあるハズだから、「パット・オースチン」「シャリファ・アスマ」などはあるかもしれない。少ないパイを逃さないためにも、開園と同時に入場する必要があると前々から考えていたのだ。

 

イメージ そして当日、予定通り開園とほぼ同時に会場に到着。バラの鑑賞は後回しにして、まっすぐ売店に向かった。しかし春の広大な売り場面積は影をひそめ、圧倒的に販売規模が小さく、イングリッシュローズに限っては15鉢程度しか置いていないのが目に入った。ハッキリ言って予想以下の規模である。その時点で「ジュビリー・セレブレーション」は諦めていた。あの品数では置いていないと考えるのが普通である。完全に諦めモードで品種を確認していくと、ストロベリー・ヒル、ヘリテージなどすでに所有しているものや、今欲しいとは思わない品種が続いた。しかしである。半分程度まで確認が進んだときか、「ジュビリー・セレブレーション」の文字が目に飛び込んで来たのである。驚いて見上げると、まさしくイングリッシュローズ図鑑で見ている花が頭上で揺れているではないか。鼻を近づけると、素晴らしいフルーツ香が飛び込んできた。

即買いだった。

超ラッキーだ。たまにはこんな事もある。日頃の行いがそんなにイイとは思えないから、早起きは三文の得という事か。「シャリファ・アスマ」もあったが、少し悩んで見送ることにした。「ジュビリー・セレブレーション」をゲット出来れば大満足である。

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.