本文へスキップ

2008.10.12

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses レンガ花壇完成

10月の三連休は用事があってレンガ花壇の作製は次週に持ち越しと考えていたのだが、初日の早朝ならば時間が取れるのでこの休みのうちに完成させてしまう事にした。朝6時半から作業開始して朝8時半に完成。ド素人が週末を使い、たった3日で5m超の花壇を完成させてしまった事を考えると、レンガ花壇は決して敷居が高いものではないと言える。余ったレンガはたったの1ヶ。モルタルも完璧に使いきったので、完全に計算通りである。

 

イメージ ところで、自分で言うのも何だがボクは不器用ではなく、むしろ器用な方だと思う。丁寧に仕上げようと思えばいくらでもうまく仕上げられるのだが、どうしても「B型の血」が騒いで雑に作ってしまう。レンガは年月が経つと味わいが出るし、アイビーやワイヤープランツなどを絡ませればこの程度のアラは隠せるので丁寧に作る必要などないと考えてしまうのだ。見た目にガタガタしているのは、そのせいである。決して丁寧に作ろうとしたんだけど、上手くいかずにガタガタになってしまったという訳ではない。ただし、目地の周りが白く粉がふいたようになってしまったのは気に入らないので、時間があるときに金ブラシ等を使って削り落したいと思っている。
曲りくねったラインにしたのは、生活用水のパイプの蓋があった事が第一の理由だが、その他にも狭い土地だからこそ、直線的な通路ではなくて曲がりくねって歩くようにしたいと思ったからだ。そう言った意味では、上手にライン取りできたと思う。

 

イメージ ここには10株以上のバラを植えられるスペースがあるが、まずは「ピエール・ド・ロンサール」を植える予定だ。人知れず「コンスタンス・スプライ」も狙っているのだが、一季咲き大型品種を並べてよいものかという思いもあり、どうしようか迷っているところだ。風水を担ぐ訳ではないが、最近あまりにも出費が多いので、金運を上げるためにも「西側に黄色」でグラハム・トーマスを移植しようかとも考えたりもしている。また、全部バラだけだと図鑑チックになってしまって味気ないので、各種宿根草やグラウンドカバーも合わせたい。何はともあれ、この花壇を埋め尽くすほどの土をどうやって確保すれば良いのか頭を悩ませているところだ。土代もバカにならないのだ。

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.