本文へスキップ

2008.08.13

shinzou's Roses コラム

shinzou's Roses 柵の設置

ボクは当初、家の周りの柵は不要と考えていたのだが、実際に生活してみるとその考えは甘いことを思い知らされてしまった。冬が終わり春が訪れると、近所の小学生から外壁に泥玉を投げつけられたり、落書きされたり、敷地内を通り抜けされるようになったのだ。子供のする事と笑っていられるのも最初の1回だけで(実際は1回目でキレだが)、行動がエスカレートする前に手を打つ必要がある。また、西側にある店舗の駐車場が夜中になると若者たちの待ち合わせ場所になる事もあって、ボクの家には「安心感」が欠けていると痛感するようになった。結局、これらの問題を解決するためには、やはり「柵」を設置しなければダメだと言う結論に達したのだ。

一瞬、自分で柵を設置しようかと考えたが、失敗するのは火を見るより明らかだ。近所のエクステリア店に見積もりを取ってもらうと約12mの柵を設置して9万円程度という事。手痛い出費だが、安心には変えられない。その場でお願いした。

柵を設置した感想だが、安心感が断然違う。小学生のいたずらは、「そこに土と壁があったから泥玉を投げた。」とか、「そこにクレヨンと壁があったから落書きした。」と言った、「そこに石があったから蹴った。」程度のレベルだ。「蹴れない石はわざわざ蹴りにいかない。」ので小学生のいたずらは無くなるハズだ。副効果としては、通路沿いにバラを植えて行こうと画策しているのだが、道路側からはバラに手だしが出来なくなるため、安心して植え付けが出来ることか。

こういう事だったら最初から設置していればよかった。と思う今日この頃だ。

 

コンクリートに支柱を建てるための穴をあける。これは素人には中々出来ないことだ。

何故ならばコンクリートドリル本体の価格が高いからだ。

ドリルを買って自分でやるよりも、業者にやってもらった方が安くあがる。
支柱を立てたところ。仮止めの状態で1日放置。
次の日に柵を面付けして終わり。一見簡単そうに見えるが、素人がやるとこんなにキレイに行かないと思う。

<<Back           Return to TOP           Next>>

copyright©2002 shinzou all rights reserved.