本文へスキップ

shinzou's Life Style

shinzou's Roses バラの成長記録

ミスター・リンカーン

Mr. Lincoln - ミスター・リンカーン -

ミスター・リンカーン

バラ イメージ

黒赤系の芳香種の代表的品種で、「パパ・メイアン」「オクラホマ」「ミスター・リンカーン」の3兄弟のうちのひとつ。3品種ともクライスラーインペリアルとシャルルマルランという赤バラの交配によって作出されている。ほぼ同時期に作出されているのも興味深い。

パパ・メイアン     1963年 仏・メイアン
オクラホマ       1964年 米・スイム&ウィークス
ミスター・リンカーン 1964年 米・スイム&ウィークス

「パパ・メイアン」のあまりの素晴らしい香りに感動し、即座に「オクラホマ」を購入。最後の1ピースとして「ミスター・リンカーン」を探していたところ、ズタボロになった京成バラ園芸の苗に出会い、意地で復活させたものである。
スイム&ウィークスが同じ年に、同じ親を持つ2品種を発表したことを疑問に思っていたのだが、両者を咲かせてみてなんとなくその理由がわかった。「パパ・メイアン」と「オクラホマ」の香りの質は似通っている印象があるが、「ミスター・リンカーンは」そこに青っぽい(レタスのような)香りがのっているように思える。3者の違いを発見するのも、今後の楽しみのうちのひとつである。
この3兄弟、香りのよさは超一級品で、香りがよいとされているイングリッシュローズをも凌駕する。春に同時に3共演させたい。今のところ黒点は患っていないが、うどん粉には容易にかかってしまうようだ。また、四月に寒波に遭うとブラインドしてしまう印象あり。

成長記録

2011.02.28 海外赴任が決定し、鉢バラの面倒は見れなくなったので売却。 
2010.11.20 バッサリ剪定完了。
2010.10.24
2010.10.17
黒い車を背景にして撮影した。

黒い台紙に赤バラが栄えるようだ。
2010.06.19 一番花ほどではないが、予想を上回る美しさで咲いたミスター・リンカーン。
2010.06.15 咲きガラ摘みを行い、お礼肥として化成肥料を一握り施した。
2010.05.30 蕾究極的な美しさで咲く、ミスター・リンカーン。
一年前に枯れる寸前だった株とは思えない。
2010.05.09
蕾の状態。
2010.05.01 蕾の発生を確認。
四月の寒波の影響か、ブラインド発生。
ブラインドは摘み取りなどの処置を施した。
2010.01.17 黒点病・うどん粉病・カイガラムシ等の予防のため、石灰硫黄合剤を塗布した。
2009.12.07
鉢の植え替えを行った。ズタボロだった苗から、こんなにも立派な根が発生していた。根を半分程度の長さに切り戻し、牛フン堆肥と油粕を加え、よくかき混ぜてから植え戻した。
2009.12.06
瀕死の重傷を負ったミスターリンカーンも完全に復活し、冬の選定作業を行った。
弱小枝を切り除き、半分以上切り戻した。
2009.10.18
今シーズンの集大成のような素晴らしい花が咲いてくれた。

しかもゆっくり鑑賞できる、日曜日に。

ミスター・リンカーンからのお礼を言われた気分である。
2009.10.09
濃厚な香りを漂わせながら開花した。

驚異的な復活力である。
2009.07.24 完全に復活し、図太い主幹枝を3本形成させてくれた。
500円の苗も手入れ次第。
2009.07.24
ベーサルシュートが3本ばかり発生した。

瀕死の状態から、復活の狼煙である。

ちゃんと世話をすれば期待にこたえてくれるものだ。
2009.07.11 だいぶ復活してきたので、12号スリット鉢へ鉢増。
2009.06.26 うどん粉病撲滅のために、発症中のものについて再度サプロールを散布。
2009.06.20 庭全体にうどんこ病が蔓延しているので、サプロールを散布。
2009.05.23
京成バラ園芸の大苗で2,000円相当だったものが、売れ残って何と500円だったため購入。

枝枯れ病、うどんこ病、黒点病を患っているうえに、水不足でボロボロの状態。

ミスター・リンカーン復活大作戦と銘打って、枝を整理し6号スリット鉢へ植え替えた。