本文へスキップ

shinzou's Life Style

shinzou's Roses バラの成長記録

グレイス

Grace - グレイス -

グレイス

バラ イメージ

「Grace」とは、品位・優雅・優美と言った意味を持つ。その名の通り優雅な花様を持っており、絶妙なネーミングである。ハイブリット・ティなどは花が開ききると崩れてしまうものが多いが、グレイスからは開き始めから開ききった姿までその品位を感じることができる。色はアプリコットイエローとでも呼べばよいのか、美しい黄色である。寒くなると縁にピンクをまとう事もある。
本来はもう少し大きく成長する品種であると思われるが、鉢植えで栽培している故か非常にコンパクトな姿でまとめることができている。
香りは典型的なティ系の香り。グラハム・トーマスやパット・オースチンを紅茶の香りと言われてもピンとこないが、グレイスからは完全な紅茶の香りがしてきて驚かされる。
耐病性は比較的高いようで、しつこいうどん粉病には強い。しかし、油断すると黒点病を発症する。定期的な農薬散布によって予防と治療すれば、簡単に防げるレベルだ。栽培から間もないので本来のポテンシャルを発揮していないが、これが本来の姿を見せたらまさに「Grace」という名にふさわしい株になるであろう。

成長記録

2015 地植えしていたのだが、いろんなバラに挟まれたためか、カミキリムシの幼虫に入り込まれたのか、生育不良に陥って結局ぶっこ抜かれる事になった。
2011.11.14
2010.07.15
2010.07.15 2番花にもかかわらず、つぼみの数は50を超える。
グレイスも、当たり年だ。
2010.07.13
続々開花中。
2010.07.10
2番花とは思えないような完成度の高い花が咲きそうだ。放つ香りは強烈。台湾で出会ったお茶の香りそのものである。
2010.06.15 咲きガラ摘みを行いつつ、バッサリ剪定し、お礼肥として化成肥料一握り施した。
2010.06.06
鉢バラ仕立てのグレイス。見ごろを迎えつつある。
2010.01.17 黒点病・うどん粉病・カイガラムシ等の予防のため、石灰硫黄合剤を塗布した。
2009.12.06
弱小枝を切り除き、良い芽の上で剪定した。高さは1/2程度までに剪定した。
2010.07.15
一週間かけて開花した。縁にわずかなピンクを乗せた花である。
2010.07.13
たったの1輪であるが、目の覚めるような素晴らしい花が咲いていた。一瞬、これがグレイスと分からなかった。非常に素晴らしい、ティーの香りを周囲に解き放っており、この香りでグレイスだと分かったほどである。グレイスのシーズン最後を飾るのに、これ以上ない最高の一輪となった。
2009.06.20 庭全体にうどんこ病が蔓延しているので、サプロールを散布。
2009.06.07 10号のスリット鉢に植え付け。
2009.06.06
以前から目を付けていた品種で現物を見つけて購入。鉢植えで育てるつもり