本文へスキップ

shinzou's Life Style

shinzou's Roses バラの成長記録

コンテ・ド・シャンパーニュ

Conte De Champagne - コンテ・ド・シャンパーニュ -

コンテ・ド・シャンパーニュ

バラ イメージ

半八重咲き品種の美しさに目覚めてしまい、購入したものである。
「Champagne」とは、「シャンパン・黄褐色」という意味を持っているが、ぴったりのネーミングである。
花様は極めて端正でシンプル。淡い黄色の花弁と中心に見せる黄金のしべの対比が素晴らしく、ほのかに甘い香りを放つ。その姿は、シンプルなシャンパングラスに注がれたシャンパンそのものである。ステムは細いが、花も軽いのでうなだれてしまう事はない。宙を舞うかのような花つきとなる。
David Austinのホームページ上では、非常に返り咲く中サイズ程度のバラとのことだが、我が家においてはひょろひょろと枝を伸ばして、思いのほかつるバラ化しているようにも見受けられる。壁面に植えていることからも成長の仕方としてはつるバラのように扱ってもよいだろう。実際「イングリッシュローズのすべて」でつるバラとしても取り扱われている。また、ピエール・ド・ロンサールとコンスタンス・スプライという大御所つるバラに挟まれた位置にいるにもかかわらず、しぶとく生き残っている可愛いやつでもある。
うどん粉や黒点で困ったという印象はあまりないが、定期的な農薬散布が功を奏しているのであろう。計画的な農薬散布によって、病気はほぼ防除できると判断している。

成長記録

2014
2014年一番花。
2013 マレーシア駐在につきアップできず。
2012 マレーシア駐在につきアップできず。
2011 マレーシア駐在につきアップできず。
2010.11.20 剪定完了。
2010.07.22
2010.07.19
2010.06.15 咲きガラ摘みを行いつつ、バッサリ剪定し、お礼肥として化成肥料一握り施した。
2010.05.27
2010.05.04 蕾の発生を確認。
2009.06.20 庭全体にうどんこ病が蔓延しているので、サプロールを散布。
2009.06.16
最初から付いていた蕾が1輪開花した。思惑どおり、大変美しい花だ。
2009.01.24
最近、半八重咲きのバラに凝っており、「コンテ・ド・シャンパーニュ」を購入。西側に植えた。金運アップするか?壁際の狭い花壇だけど、何とかそこで頑張ってもらう。