本文へスキップ

shinzou's Life Style

shinzou's Roses バラの成長記録

コンテ・ドゥ・シャンボール

Comte de Chambord - コンテ・ドゥ・シャンボール -

コンテ・ドゥ・シャンボール

バラ イメージ

ボクが購入した2本目のオールドローズ。1860年作出。作出から150年たった今でも世界中で愛されている銘花。
薄い絹で作ったカップの中にピンクの花弁を並べたような、他には代え難い魅力的な花容を持っている。香りが素晴らしいとのことであるが、ほぼ同時に開花しているパパ・メイアンの香りと比べると、パパ・メイアンの方が濃厚で深い香りを持っている。コンテ・ドゥ・シャンボールは澄んだ香りというか、透き通った香りと言うか、そんな印象を受ける。系統が違うので比べる事自体間違っているのかもしれない。ちなみに、イングリッシュローズの中でも屈指の芳香をもつと言われる、「ガートルードジェキル」の片親であることから、その素晴らしさが分かる。
シュートの発生は良い印象があるが、程良くコンパクトにまとまってくれるので助かっている。
黒点病に弱いイメージがあり、5月の時点で黒点病に2度ばかりかかり、早くも下から1/3の葉を失ってしまったこともある。計画的な薬剤散布によって、黒点病およびうどん粉病の防除をすることが大事である。病気さえ防除すれば、一級の芳香を楽しませてくれるであろう。

成長記録

2016.06.04
2016.05.31
2016.05.27
2016.05.25
2016.05.08
2015
一番花


2014
一番花



強香種のガードルードジェキルの親ということで、いかにこの品種が香りが強いか容易に想像できる。

優秀なオールドローズだと思う。
2013 マレーシア駐在につきアップできず。
2012.06.07
2012.06.07
2012.06.02
素晴らしい香りを持つオールドローズ。
2011 マレーシア駐在につきアップできず。
2010.11.20 剪定完了。
2010.07.31
2010.07.18
2010.06.15 咲きガラ摘みを行いつつ、バッサリ剪定し、お礼肥として化成肥料一握り施した。
2010.06.06
2010.06.02
2010.05.26
2010.05.24
2010.05.09
2010.05.04 蕾の発生を確認。
2010.01.17 黒点病・うどん粉病・カイガラムシ等の予防のため、石灰硫黄合剤を塗布した。
2009.12.31 寒肥を施した。
スコップ2杯と骨粉入り油粕を半杯。
2009.07.11 一番花と変わらぬ美しさを持った2番花を開花させた。素晴らしい芳香も顕在。
2009.06.20 庭全体にうどんこ病が蔓延しているので、サプロールを散布。
2009.06.14 Dゾーンに地植えした。
2009.05.24 至る所でアブラムシの発生がみられるようになったので、予防も兼ねて「オルトラン粒材」を株元に散布。
2009.05.21
2009.05.17
すでに香りがにじみ出ている。
2009.05.12 朝の水やり時に、よく見たら下側にややヘビーな黒点病を発症していた。
ポロポロと葉が落ちる。
落とせる葉は全部落としておいた。
2009.05.11
2日連続30度近くまで気温が上昇。一気につぼみが色づき始めた。あと数日で開花しそうだ。
2009.04.20 蕾の発生を確認。
2009.04.19 至る所でアブラムシの発生がみられるようになったので、予防も兼ねて「オルトラン粒材」を株元に散布。
2009.03.21 10号スリット鉢に植え替え。
2009.03.01
細かいトゲがびっしりと枝を覆うタイプらしい。
2009.03.01
前々から入手したいと考えていた、「コンテ ドゥ シャンボール」を楽天のネット通販で入手。期間限定ポイントが切れそうだったことがボクを後押しした。ポイントを使って、送料込み込みで総支払額は2300円だった。
バラの家というところで購入したのだが、対応が大変素晴らしかった。立派な苗で、今後も利用したい。