AF-S TELECONVERTER TC-20E II



テレコン装着前


テレコン装着後

マレーシアに来てから、日本では見ることができないような珍しい蝶を気軽に撮影できる機会が出来たので、「AiAF Micro Nikkor105mm f/2.8D」の撮影の幅をさらに広げるべく購入したのがこの「AF-S TELECONVERTER TC-20E II」である。

が、「AiAF Micro Nikkor105mm f/2.8Dには、このテレコンバーターは装着できない」事が発覚!テレコンバーターを装着できるマクロレンズは「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」であった・・・。

購入してから気がついたというマヌケぶりを如何なく発揮してしまったのだが、手持ちの「AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF」を「AiAF-I Nikkor ED 600mm f/5.6D IF」に変換できるので、失敗買いだとは思っていない。むしろ、今となっては「AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF」のお供に無くてはならない存在となっている。

テレコン使用によるAFの遅れは全く感じない。
画質の劣化も殆ど感じない。
300mmf2.8を600mmf5.6にしてくれる恩恵だけは、はっきりと分かる。

費用対効果がここまで優れたレンズもそうそうなく、300mmF2.8や400mmF2.8を扱う方にはこの手のテレコンバーターは必携と言えるだろう。


機種 D4 Malaysian GP 2014

トロ・ロッソ
ダニール・クビアト
2014年マレーシアグランプリ 10位

600mm、ほぼ流し撮り限界速度である1/40sでトロ・ロッソを流し撮った。後ろから追いすがるフォース・インディアのマシンもチラ見できる臨場感のあるカットとなった。
レンズ AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF
テレコンバーター AF-S TELECONVERTER TC-20E II
露出モード 絞り優先オート
絞り F14
露光時間 1/40s
ISO感度 ISO100
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 600mm
AFモード AF-C ダイナミック9点
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚使用、流し撮り


機種 D4 Malaysian GP 2014

レッドブル
セバスチャン・ベッテル
2014年マレーシアグランプリ 3位

レッドブル
ダニエル・リカルド

レッドブルがそろい踏みした瞬間を捉えたカット。ピントがドンピシャなのはボクの技量ではなく、D4のAF性能によるものだ。
レンズ AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF
テレコンバーター AF-S TELECONVERTER TC-20E II
露出モード シャッター優先オート
絞り F8
露光時間 1/400s
ISO感度 ISO100
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 600mm
AFモード AF-C ダイナミック51点
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚使用、流し撮り


機種 D4 Malaysian GP 2014

フォース・インディア
ニコ・ヒュルケンベルグ
2014年マレーシアグランプリ 5位

気を取り直して、ほぼ完璧に流し撮れた作例。直線からシケインに突っ込んできた瞬間を600mm、1/125sで撮影した。
ヘルメットにほぼ完全にピントが合い、ブレもない。かつ前輪から巻き上がる煙、それでもなお回転しようとする後輪がF1マシンの圧倒的迫力を演出している。

やはり1/125s程度だと成功率がグッと上がるので、来年は欲張らずに1/125s程度を中心に撮影したい。
レンズ AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF
テレコンバーター AF-S TELECONVERTER TC-20E II
露出モード シャッター優先オート
絞り F14
露光時間 1/125s
ISO感度 ISO100
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 600mm
AFモード AF-C ダイナミック51点
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 三脚使用、流し撮り


機種 D4 Malaysian GP 2014

トロ・ロッソ
ジャン・エリック・ベルニュ

メルセデスAMG
ルイス・ハミルトン
2014年マレーシアグランプリ 優勝

横構図ばかりでは面白くないので、縦構図で撮影している。目的は、マレーシア・グランプリらしさを演出するために、背景に「PETRONAS」の看板を入れたいからだ。
水煙でAFが合わないので、これはマニュアルフォーカスでピントを合わせている。マニュアルでも意外に合わせられる自分に驚き。
レンズ AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF
テレコンバーター AF-S TELECONVERTER TC-20E II
露出モード シャッター優先オート
絞り F7.1
露光時間 1/800s
ISO感度 ISO400
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 600mm
AFモード マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚使用


機種 D4 「2015年 マレーシアグランプリ 決勝」

11位 ロータス ロマン・グロージャン
4位 フェラーリ キミ・ライコネン
マクラーレン フェルナンド・アロンソ

300mmでは距離が短すぎて迫力に欠けるので、サンニッパにテレコンを装着して600mmで流し撮っている。

全てのカットは選手のヘルメットを狙って撮っているが、4,000カット以上撮って完全に選手のヘルメットにピントが来て、爆速F1マシンの動きに同期できているカットはごくわずかだ。
レンズ AiAF-I Nikkor ED 300mm f/2.8D IF
テレコンバーター AF-S TELECONVERTER TC-20E II
露出モード シャッター優先オート
絞り F13
露光時間 1/125s
ISO感度 ISO100
露出補正 -0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 600mm
AFモード AF-C ダイナミック51点
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚使用


「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」へ


TOP