「旧製品」
AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF


ボクは現在「14-24mm」「2414G」「3514G」「5814G」「70-200mmF2.8G」と言ったレンズを所有しているが、本HPを訪れて下さっている方であれば、ボクが「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」こと「8514D」に格別の愛着を持っている事を知っているかもしれない。このレンズは長女が産まれてから半年くらい経った2006年末に入手したポートレートレンズであり、ボクが初めて手にした高級Nikkorレンズでもある。
早いもので既に8年以上経過し、現役で使用しているレンズの中で最古参のレンズとなっている。もちろん今でも8514Dを用いて長女を撮影しているので、子供達の成長をこのレンズと共に見守ってきていると言っても過言ではない。ボクが今後もこの8514Dを「その他の85mm」に変更するつもりはビタ一文たりともない・・・と言うのはここで改めて説明するまでもないだろう。

ところで、8514Dを購入した2006年当時は今ほどカメラ・レンズには詳しくなく、またネット上でレンズに関する意見交換も殆どしておらず、ニコンの製品カタログを見ながらほぼ想像だけで購入していたので、まさかこの8514Dがここまでのパフォーマンスを秘めたレンズだとは知る由もなかった。
というのも、このレンズはマイナーな仕様変更を数回繰り返しているものの、1995年の発売から約20年間も製造が続けられてきた長寿レンズなのだ。20年前はもちろんデジタルではなくてフィルムの時代だった訳だが、今D4に装着しても他のナノクリf/1.4Gレンズと比して遜色がないどころか、一層8514Dの魅力・輝きが増している、まさに「奇跡のレンズ」である。

2010年に後継レンズである「AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G」が登場した後も製造が続けられていた8514Dだがしかし、ついに2015年初頭、「8514D」に「旧製品」フラグが立ってしまった。つまり「ディスコン(discontiuned)」、生産終了と言う訳だ。

ボクがこのニュースを知ったのは、何かを調べようとしていつものようにニコンのサイトに飛んだときだった。突如として8514Dについた旧製品フラグを見た時、一瞬「っ!?」と絶句したが逆に、「今までこれを20年も生産を続けてくれたニコンに感謝」という言葉が浮かんできた。そして旧製品フラグが立つや否やあっと言う今に在庫が無くなり、現時点では希望小売価格16万円を超す18万円プライスタグが掲げられ、実質的に8514Gよりも高い逆転現象まで起きている。よって今、「新品の8514D」を買おうと思っても、それは限りなく難しい・・・、万が一見かけたら超ラッキーとしか言いようが無いのだが、もし8514Dに興味がおありならば中古の8514Dと言う手だってある。


それこそ膨大なカットを8514D撮り続けてきているボクとしては、「コイツはただの旧製品なんかじゃない」って事だけは、皆様に覚えておいて欲しいんだ。


機種 D4 「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」

絞り F2.8

ついにディスコンとなってしまった「銘玉 8514D」。

ボクは、このHPを通して多くの方にこのレンズの魅力をお伝えしてきたつもりではある。そして、それは今後も変わらない。

ケチのつけようの無い絶品ボケと、予想を上回るピント面(つまり瞳)への解像力の高さに、あなたはきっと驚かされる事だろう。

これが20年前、フィルム時代に設計されたものとは、とても思えない。
レンズ AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.8
露光時間 1/100s
ISO感度 ISO1250 (自動制御)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 85mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール ポートレート
三脚 手持ち

機種 D4 「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」

絞り F2.8

絶版の8514Dで撮るを味わう。

しかしボクにとっては、8514Dは日常そのものでもある。
レンズ AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.8
露光時間 1/100s
ISO感度 ISO1400 (自動制御)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 85mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール ポートレート
三脚 手持ち

機種 D4 「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」

絞り F2.8

ナノクリコートされていなくたって、過度に逆光を恐れる必要なんて全くない。今はデジタルなんだから、逆光でも何でもいいから実際に撮ってみよう。

話は、それからだ。
レンズ AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.8
露光時間 1/1000s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 85mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

機種 D4 「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」

絞り F2.8

ニッコール随一のボケ味を持つ8514D。

8514Dはどんな平凡な背景でも美しくボカしてしまう。テニスコートのフェンスすらも美しくボカす。こんな芸当が出来るレンズは、多くはないだろう。

この美しいボケ味と、時折見せる神写りが、使用者を虜にする。
レンズ AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.8
露光時間 1/250s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 85mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

機種 D4 「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」

絞り F2.8

これも逆光条件下でのカット。

木の葉に反射した夕陽が、美しい玉ボケに形を変えて背景に表れるのは、8514Dを使っていれば日常茶飯事となる。

希少価値はそのレンズの実力を測る本質ではないがしかし、生産終了に伴い8514Dがこれ以上この世の中に増える事は無くなったのは事実。誰かが手放さない限り、それを欲する誰かの手に渡る事はなくなったのだ。

ボクは、手放さない。
コイツを手放さなければらならい理由は一つも見当たらない。
レンズ AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.8
露光時間 1/320s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 85mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち


TOP