AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
焦点距離目盛り追加

先稿にて、使用している焦点距離データをまとめてみたが、70-200mmF2.8G IIには70mm, 85mm, 105mm, 135mm, 200mmの焦点距離目盛が付いているため、これらのキリ番に設定することは比較的簡単だ。しかし世の中には180mm単焦点と言うレンズがあるにもかかわらず何故か180mmの目盛りが付いていない。運動場や公園といった広場では、やはり180mmを使いたいシチュエーションがあるため、以下のように焦点距離180mmの目盛りを追加してみた。

70mm

70mmはワイド端なので簡単。目一杯ワイド端に回せば勝手に70mmとなるのは説明するまでもない。

85mm

微妙にクセものなのが85mm。感覚的には「8」と「5」の間に合わせれば85mmと思えるが、それだと86mmとなってしまい、撮影データ上気持ちが悪い

きっちり85mmとして撮影するためには、「5」の位置が正解となる。

105mm

105mmは簡単で、ど真ん中の「0」の位置に合わせれば、キッチリ105mmとして記録される。

135mm

135mmも簡単で、ど真ん中の「3」の位置に合わせれば、キッチリ135mmとして記録される。

180mm

最も難しいのが180mm

目盛りが付いていないので、キッチリ180mmに合わせる事が出来ない。この辺が180mm?程度でしか分からない。結果的に撮影データ上172mmとか186mmとか気持ち悪い焦点距離で撮影してしまう可能性が非常に高い。

よって、このように180mm目盛りを追加してみた。

よもや筺体に傷をつけるとか、油性マジックで線を引くのは気が引けるので、白紙の切れ端とセロハンテープで180mmの位置に目印を付けた。

これによって厳密に180mmに合わせる事が出来るようになった。これは絶対に便利。しかし耐久性はほとんどないのが今後の課題だ。

200mm

200mmはテレ端なので簡単。目一杯テレ端に回せば勝手に200mmとなるのは説明するまでもない。

ズームレンズは自由に焦点距離を変更できる便利なレンズだが、ボクはズームレンズも単焦点レンズと同じような制約の中でこのレンズを扱いたい。これによって一粒で6度美味しい、70mmF2.8, 85mmF2.8, 105mmF2.8, 135mmF2.8, 180mmF2.8, 200mmF2.8の単焦点がボクの手元に揃った事になる。

TOP