AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
試写

前回の「8518G」から引き続き、今回ご紹介させて頂くのは、前々から試してみたかったレンズ「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」こと「5018G」である。「5018G」はその名の通りF1.8Gシリーズの中でも50mmというど真ん中の標準レンズであり、メーカー希望小売価格も29,160円とF1.8Gの中でも最もお求めやすい価格設定となっている。

開放F値は50mmにしてはF1.8と物足りない感じもするが、それでも十分に明るいレンズと言え、F2.8ズームでは決して成し得ない世界を気軽に覗く事が出来る明るさを持ったレンズである。標準レンズ・明るい・お求めやすい・小さいと言う事からも、5018Gは「はじめての単焦点」に最適なレンズだろう。

ちなみにボクは50mmF1.4D単焦点から写真道に入門しており、50mmから入る事の大切さを体感しているつもりだ。なので、この5018Gが背負っている責任はことのほか重いものだと考えている(5014Gも同様)。

D4に5018Gを装着してみると、「本当にレンズがくっついているのか?」と感じるほどに・・・「軽い」。重量級のレンズしか装着することないボクにとっては、このレンズは重さのうちに入らず、これはもはや0gに等しい。もし5018Gを持って、重いとか大きいと感じるのであれば、非常に残念だがその人は一眼を扱うのを諦めた方が良いだろう。

この軽さは、軽量クラスのボディと合わせることによって、気軽にサッとスナップする用途に最適だ。Dfでお持ちであれば、クラシック調のスペシャルエディションは手に入れておきたいところだ。


機種 D4 「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」

絞り F1.8

普段撮りでは開放で撮る事が無くても、試写であれば開放で撮ってみたくなるのは当然の欲求だろう。

そして実際に試写を開始してみたところ問題発覚。「過去に経験したことがないほどの後ピン玉」で全くピントが合わん!試写という短時間でまさかAF微調整なんてやっている暇がなく、また目の悪いのに開放・至近距離からマニュアルでせわしく動く子供の瞳にピントを合わせるのは無理。結局ピントが合ったカットを得られなかったのは残念だった。これは比較的ピントが来ているカットだが、その実力を引き出せているとは言い難い。
この作例では分かりにくいが、首・肩付近に二線ボケが発生しており、流石に5018Gと言ったマジキチレンズと比して分が悪すぎる。
レンズ AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
露出モード 絞り優先オート
絞り F1.8
露光時間 1/100s
ISO感度 ISO360 (自動制御 やや高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 50mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」

絞り開放 F2.8

やはり50mmは、王道のF2.8前後この位の距離感が丁度良い。約1段絞る事によってボケの荒さを整えつつ、ピント面を引き締めた。と、言いたいところだがやっぱり後ピンで耳付近にピントが合っている。バシッ!と瞳に合っていれば、もっと引き締まった印象のカットとなったハズだが致し方なし。

5018Gで30枚くらい撮ったが、その他のカットはピンを外しており、これ以上お見せできるようなカットが無いのが残念だ。やはり、そのレンズの真価・魅力を味わいたければ自分で買って・色んなシーンで使ってみるに限ると言う事だろう。
レンズ AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.8
露光時間 1/100s
ISO感度 ISO720 (自動制御 やや高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 50mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II再々試写

TOP