AiAF Nikkor 50mm f/1.4D


今となっては使用頻度が少なくなってしまったが、AiAF Nikkor 50mm f/1.4Dは最も大切なレンズのうちの一つである。元々、ボクのレンズ一式はこのレンズを大黒柱として一本立てて、その他のレンズで焦点距離を補うという形で構築された背景があるため、AiAF Nikkor 50mm f/1.4Dは外そうにも外せない一本なのだ。

50mmf1.4最大の特徴は、開放f値1.4からくる強烈な明るさ、ボケ味が挙げられる。もちろん、絞れば背景までピントが合うため、写真撮影の基本中の基本である、絞りのコントロールを身につけることが出来るだろう。

単焦点なので、当然ズーミングは出来ないが、フットワークを活かせば広角風・望遠風・標準風と写せるので、「本当にコレ一本で撮ったものか!?」と、ビックリするほど表現の幅が広い一本である。

昔から50mmf1.4は標準レンズとして確立された設計を持つため、その性能は折り紙つき。さらに値段も安いとなれば、このレンズは持っていて損はない一本と言える。

かれこれ10年近く使用したレンズだが、5814Gの導入に伴い役目を終えマレーシアにて買い手がついて売却となった。ただし、このレンズはボクに写真の面白さを一番最初に教えてくれたレンズ。こいつと出会っていなかったら単焦点メインとはなっていなかっただろうし、そもそも写真を趣味としていなかったかもしれない。5014Dはボクにとって特別な意味のあるレンズとなった。


機種 D4 「AiAF Nikkor 50mm f/1.4D」

絞りf1.6。

右まつ毛にピントを合わせる。

50mmf1.4は、多彩な表現を可能としてくれる一本だと教えてくれた一枚だ。希望小売価格27万円の現行型大三元レンズ、「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」を以てしても、この表現は出来ますまい。

これこそが、50mmf1.4の、50mmf1.4たる表現力だ。
レンズ AiAF Nikkor 50mm f/1.4D
露出モード 絞り優先オート
絞り F1.6
露光時間 1/100s
ISO感度 ISO640
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 50mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

機種 D4 「MAZDA 6」

しっかり撮ればしっかり写る5014D。
その実力は侮れない。
レンズ AiAF Nikkor 50mm f/1.4D
露出モード 絞り優先オート
絞り F2
露光時間 1/50s
ISO感度 ISO140 (オート設定)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 50mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち


「AiAF MicroNikkor105mmF2.8D」へ


TOP