最後の1ピース
「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

もうすでに半年前のことになるが、マレーシア・クアラルンプール中心街にある「ニコン・センター」にてニコン好きなら誰もが一度は憧れるレンズを試写をしてしまった結果、最も衝撃を受けた「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」を購入してしまったのは記憶に新しい。(※AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G EDの試写参照)。

2414Gの購入によりボクの主要システムは「14-24mmf/2.8G」, 「2414G」, 「5814G」, 「8514D」となった訳だが、しかしこの布陣を見るとやはり焦点距離「35mm」が抜けている事が分かる。もちろん、35mmのレンズを所有していないわけではなく、ボクには長年愛用してきた「35mmf/2D」という愛すべきレンズがあるのだが、これらそうそうたるレンズ群と比較すると「35mmf/2D」は流石に分が悪すぎるだろう。
と、いう訳でボクの中で最後の1ピースだった「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」を遂に購入したので以下にご紹介したい。これを以ってボクの主要システムは完成したことになる。F1や運動会、マクロ撮影などの特殊撮影を除けば、99%のシチュエーションはこれらのレンズで撮れる自信がある。

「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」
「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」
「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」
「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」
「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」

こんなところで値段の事を述べるのはいやらしいと思われるかもしれないが、実際問題として2014年現在の希望小売価格ベースでいえば、上記5本の合計価格は120万円を超える。もちろん、実際の購入価格はこれより安いのだが、そう言ったレベルの最強レンズを取り揃えたことになる。注目というかこだわりは85mmレンズで、やはりボクの中で銘玉「AiAF Nikkor 85mm f/1.4D IF」に替わるレンズは他になく、「AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G」に変更する予定はない。

これらをD3やD4に組み合わせて撮るので、一般的には良い写真が撮れて当たり前と思われてしまうかもしれない。しかし、いくら最高の機材・レンズを用いたとしても、目の前にある何かをパッと撮影すれば素晴らしい絵が叩き出されるような魔法のカメラ・レンズはこの世には存在しない。一切の言い訳は出来ない機材を揃えたのに下手な写真を連発すると、「写真は向いてない」と皆様方から判定されてしまう危険をはらむ。
一方ではニコンが自信を持って世に送り出したこれら看板レンズに泥を塗ってはならないだろう。これらのレンズで撮るということは、そういった責任も伴ってくると、ボクは思うんだ。
機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

絞り F4

2414Gは開放に近づくに従って背景の光点が真円に近づく、非常に面白いレンズだが、3514Gはその他のレンズと同じく、F2〜F4程度まで絞ると光点が丸になるレンズだ。

例え左手が邪魔でも、その奥にある瞳にピントを合わなければならない。F4まで絞ると髪の毛一本に至るまでカリカリに解像してくれる。背景のボケも、2重線ボケのようなこともなく、非常に美しいボケ味が楽しめそうだ。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 1/30s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

絞り F2.8

レンズ性能と撮影技量が問われる被写体「Masjid Putra」、通称「ピンクモスク」。ここは新しいレンズを購入した際に必ず行くお気に入りの場所となっている。
びっしりと装飾が施された建築物は、ホンの僅かでもブレてはならない。本来ならば大型三脚と、ミラーアップ、レリーズケーブルで撮影したいところだが神聖なモスクでそんな真似は出来ない。手持ちでの撮影となる。
そしてボクの中でのルールは建築物撮影では最高でもISO400とすることだ。闇雲に高感度で撮影するのは好きじゃない。ここはやはりそのレンズが持つ本来の「明るさ」を活かして撮影したいものだ。f/2.8ズームがもてはやされているが、このレンズは「f/1.4」。2段絞って尚且つまだf/2.8の明るさを持つこの余裕。これがf/1.4レンズの存在意義の一つだ。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.8
露光時間 1/40s
ISO感度 ISO320
露出補正 +0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


TOP