AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
試写

先稿からの続きで、写真を趣味としているのであれば誰もが一度は憧れるであろうレンズの試写第2弾。お次は激戦区の35mm単焦点、「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」である。35mmと言えば50mmに次ぐ標準画角として確固たる地位を築き上げている画角であるが、それはつまり各社激しいつばぜり合いを交えている焦点距離という事でもある。
最近ではシグマの35mm「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM」は評判が良いみたいだし、ニコンの内輪からもサジタルコマフレアの抑制を目指したという「AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED」が3514Gの4分の1の値段で新登場してくるなど、常に話題に事欠かない画角である。そんな中、遂にニコンの35mm単焦点フラッグシップレンズ「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」を試写することが出来たので以下にご紹介したい。

ちなみにお値段も「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」よりは少しだけマシであるが、それでも定価24万円と、ド級のプライスである。こんな小さいレンズが24万円とは・・・・恐れ入ってしまう。でも、ボク自身としては「AiAF Nikkor 35mm f/2D」を長年愛用していることからも分かる通り、35mmと言う焦点距離はどんなシーンでも使える懐の深い焦点距離であるため、買ったはいいけど使い道が無いというリスクは、24mm単焦点よりは少ないだろう。


機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

2/3段絞ったF1.8。

このf1.4クラスのレンズはもはや、何を使っても素晴らしいとしか言いようがない。むしろこれらが駄レンズだったら詐欺罪に値する。ガッチリとピントが合焦した瞳から、耳・後ろ髪・背景にかけて自然にボケて行く味付けは流石。
でも、背景の光点がレモン形になるのは分かるのだが、思ったよりも歪(いびつ)なレモン型なのは、たまたまそうなったのか、個体差か、元々そう云うものなのかは分からない。

なお開放の写真については、ピントが薄すぎて瞳にドンピンになっていなかったのでボツとした。ポートレートはとにかくピントが瞳に来ている事が命だと思っているので、これだけは厳しく判断している。ボクの腕不足をご容赦願いたい。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F1.8
露光時間 1/80s
ISO感度 ISO160
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

1段絞ったF2。

3514Gのパワーも凄いが、この逆光条件の中で、露出補正ゼロにもかかわらず、この適正露出を叩きだすD4も凄いと思う。

わずかに絞るだけでカリカリなのに、1段絞るとピント面はこれ以上無いほど解像してくれるのは2414Gと同じ。これまた凄いレンズだ。f1.4レンズの懐の深さは一味違う。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F2
露光時間 1/80s
ISO感度 ISO100
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

4/3段絞ったF2.2。

前後ともに美しいボケだ。それでいてピント面はカリッカリで、まつ毛、髪の毛の一本まで解像しきっており、人間の目の限界を超越している。それにしても、やっぱり光点ボケの形がおかしい気がする。ニコンのHPの作例は綺麗な玉ボケなので、これは個体差だと思うなぁ・・・・。

元々35mmと言う焦点距離は、寄って引いて、風景・夜景・スナップ・ポートレートにと何でも使える万能な焦点距離だ。開放から全域で素晴らしい描写をする「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」はこれまた素晴らしいレンズだと感じた。
でも、2414Gと3514Gの2本だけで50万円オーバー・・・、写真とは凄まじい泥沼の世界だ。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.2
露光時間 1/80s
ISO感度 ISO180
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

「AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G 試写」へ


TOP