AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

数ある焦点距離の中でも超広角レンズについてはD300使用時にDX専用レンズ「SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」を購入し、D3使用時にFX専用レンズ「SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM」を購入し、結局の所本レンズ「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」の購入に至っているので、かなり遠回りしている。極め付けとしては、その後さらに「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」を購入しており、全焦点距離の中で最も大枚を叩いているのは広角域という事になる。

このレンズを取り扱うにあたり最も注意しなければならないのは、やはり前玉の保護だろう。「14-24mmF2.8G」は占いの水晶玉のような大目玉が大変重いため、数値以上の重量を前側に感じることになる。現時点ではD4と合わせて使用しているが、それとて前に重量を感じる。説明するまでもなく、保護フィルターの装着ができず、飛び出た大目玉と相まって現行Nikkorで最も傷のリスクが高いレンズであることは忘れてはならない。
なお、酔っぱらっていた時に「D4+14-24mmF2.8G」が入ったバックを腰高さから地面に落下させ、その結果色収差が画像端に派手に発生して長期間お蔵入りになってしまうなどの大失態を犯している。海外住まいという事も相まって修理工場送りするのにもかなり苦労したがなんとか日本に送り届け、ニコン様にて調整して頂いたところ、画質的に完全復活した上にAFジャスピン玉となり、しかも「整備手数料・送料共に無料だった」という神対応をしていただいたことは特筆しておきたいポイントだ。

「14-24mmF2.8G」の用途・撮影対象としては、主に風景・夜景・建築物となっているが、特に建築物を撮らせたら本レンズの右に出るレンズはそうそうなく、14mm〜の超広角の世界と相まって建築物撮影では最強の一本と判断している。多少薄暗いところでもF4、F5.6程度に絞れば周辺部まで歪みが少なく、画像全域に渡って非常に高い解像感をもって描写してくれるその実力にはかけがえのない価値がある。なお、このレンズの性能をフルに引き出すためには、三脚・ミラーアップ・レリーズケーブルといった基本的事項が必須なのはいまさらココで詳細に説明する必要はないだろう。

繰り返しになってしまうが、超広角レンズで悩まれる際は一般的には本レンズ「14-24mmF2.8G」を購入されれば間違いないと思われるが、本レンズはかなり大きく重く、取り扱いにも気を使うのは紛れもない事実である。また次ページにてご紹介する「2414G」を知らずして「14-24mmF2.8G」を購入してしまうと、後に「2414G」のパワーを知ったときに発狂するほど「2414G」が欲しくなってしまう可能性があるので、一度「2414G」も試写され、ご自身の撮影スタイルや使用用途もろもろ納得した上でご購入されることをお勧めさせて頂きたい。


機種 D4 「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」

絞り F5.6

クアラルンプール・KLタワーの展望デッキから眼下に街並みを望む。このような絶景ポイントで使用するレンズとしては「14-24mmF2.8G」こそ相応しい。分厚い展望ガラスを一枚挟んでいるものの、ここまでの描写力を誇るのはそれがニコンが誇る高級レンズだからだろう。

このシチュエーションでは14mmだと超広角過ぎたので16mmを選択しているが、普段単焦点ばかり使っているボクとしても自在に焦点距離を変更できるズームレンズは確かに便利だ。しかしズームを使用する時も自らの足で稼ぐことを忘れずに。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 10s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 18mm
AFモード LVモード 拡大鏡マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚 ミラーアップ レリーズケーブル


機種 D4 「イタリア ミラノ大聖堂」

イタリアを代表する圧倒的建築物「ミラノ大聖堂」。500年もの時をかけて作られた妥協無き建築物を撮影するには、やはり妥協なきレンズ「14-24mmF2.8G」が相応しい。

しかしながらミラノ大聖堂は三脚の使用が禁止されているため、手持ちでの撮影となる。少しでも絞りたいと思ったので、絞りは開放から2/3段絞ったF3.5。ISO感度も出来るだけ低めのISO400とした。結果的にシャッター速度は1/6sという完全手ブレ領域だが、柵越しのバンザイの姿勢でLVモードで構図を合わせ、柵にカメラを固定しながら15枚程度撮影し、最もブレていないカットを採用した。

妥協無く、その場で出来ることを全てやり切って撮ってこそのこのカットだ。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.5
露光時間 1/6s
ISO感度 ISO400
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード LVモード AF-S ノーマルエリアAF
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」

焦点距離 20mm

ピンクモスクを朝のブルーモーメントを合わせて撮影した。経験上、朝のブルーは本当に一瞬で消えてなくなる。刻々と変化する情景を前に「まごつく」なんて事は許されない。

焦点距離を20mmにしてピンク色に染まった鱗雲とピンクモスクを切り撮った。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 10s
ISO感度 ISO200
露出補正 +0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 20mm
AFモード LVモード 拡大鏡マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚・レリーズケーブル・ミラーアップ


機種 D4 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

絞り F5.6

マレーシア・プトラジャヤ・アイロンモスクにて。鏡面のような床に反射する青空など、その質感描写力たるや流石だと思う。

ボクはいつだって丁寧に写真を撮りたいと思っている。丁寧に撮ると丁寧な写真になる可能性が高くなる。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO200
露出補正 -0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 20mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

絞り F5.6

本レンズを腰高さから地面に落下させた結果、派手な色収差が発生するようになってしまった。当然ボクの力では何もできないためにニコン修理センター送りになってしまったが、結果的に素晴らしい描写をする、しかもジャスピン玉になって戻ってきた。しかもこの調整をタダでやってくれたニコン様には大変感謝しているんだ。

完璧な被写体を、完璧なレンズで。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/40s
ISO感度 ISO200
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード LVモード拡大鏡マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚・ミラーアップ・レリーズケーブル


AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」へ


TOP