D5 考察

先の投稿ではD5のAFエリアについてボクの極めて個人的な感想を述べさせて頂いたが、勿論D5はニコンの技術力を全て詰め込んだ渾身のフラッグシップ機であり、ありとあらゆる面でボクが現在使っているD4よりも優れているハズだ。細かいスペックについてボクなんかがここに書きたてたとしても、皆様方のほうがずっと詳しいので、今回はパッと見てこれは凄いなと思った事柄をご紹介させて頂きたい。


画素数
まずデジタル一眼を語る上で定番の画素数ネタであるが、D5はD4比で400万画素アップの2000万画素となった。これは個人的には丁度良い画素数だと感じる。元々D3(1300万画素)、D4(1600万画素)とその時点で手に入れうる最低画素機を使ってきているのだが、低画素機D4とてそのRAWのサイズは1枚約18MBあり、D3比でかなりデカいと感じている。選別後のRAWは全てHDDに保管しているので、例え18MBのRAWも積もり積もって相当なサイズとなってくるのだ。しかし、そうは言ってももしD5が1600万画素の据え置きとなったらそれはそれで寂しいものがある。高速連写・バッファ・転送速度・高感度耐性などを考慮したうえで2000万画素としたD5は超順当だと思う。
ちなみにボクが重視しているのは画素数ではなくて、RAW現像耐性だ。つまり、暗いシャドー部からディティールがいくらでも浮き上がってきたり、飛んだと思っていた木漏れ日のハイライトから玉ボケが浮かび上がってきたり、夜明け前のブルーの階調を余すことなく描き出す質感描写であったり、多少の現像処理ではビクともしない上質なRAWである事の方がボクにとっては重要だ。そういった意味ではD4のRAWは最上級のRAWであり、D5でもそのようなRAWを期待しているし、そうなってもらわねば困る


記録媒体 XQDデュアル / CFデュアル
記録媒体としてXQDデュアルとCFデュアルの両系統のボディが用意されたのは大歓迎である。モデルが変わるごとに記録媒体がコロコロ変わっていたのでは、その記録媒体を準備するだけで普及一眼が1台変えてしまうほどの出費がのしかかってくるが、D4/D4sで使っていたXQDカードをそのまま使えたり、XQDを持っていなくても手持ちのCFをそのまま使えるように配慮されたD5は、このクラスのボディの購入を考えているほぼ全ての人に対して確実にD5への敷居を下げてくれている。ボクは既にXQDを持っているし、XQDは爆速であることを知っているのでD5を買うとしたらXQDモデルを購入すると思うが、後でスロット交換しようと思ったら4万円程度の工賃が発生するそうなので、どちらのモデルを選択するか最初の一手は大事となる。また、手放す際にはどちらの方が高値で売却できるか考えて購入するのも決して間違っていないと思う。個人的には汎用の効くCFモデルの方が後に高値で売却できると思っているのだがどうだろうか。またD500にXQDが採用され、安価なXQDカードが出てきているので、XQDの今後の動向には注目だ。


バッテリー互換
バッテリーの規格もD4/D4sユーザーには朗報で、「EN-EL18」「EN-EL18a」ともにD5で使用可能だ。以前、D3からD4に移行した際、XQDカードと予備バッテリーだけで5万円の出費という「煮え湯」を飲まされた経験がある身としては、「XQD採用」・「EN-EL18」が使える仕様というのは非常に歓迎すべき事案である。D4sで「EN-EL18」が「EN-EL18a」となったときは「EN-EL18」はもう終わったと考えていたので、今回のD5で「EN-EL18」も使用可能というのは感動的ですらある。
確かにD5本体価格は上昇しているが、D4系の備品を流用出来る事を考慮すると、総支払額としてはD4系をフルで揃えるのと総支払額は変わらないかもしれない。このニコンの配慮は心にくいもので、D5から「こっちにおいで」と手招きされているようにすら感じられる。よって、油断しているとフラ〜と吸い寄せられてしまうので強い心をもってD5の魅惑と対峙しなければならない。


新型AFシステム
先の投稿ではAFエリアが拡大されていなかったことに対するボクの心情を率直に述べさせていただいたが、エリアの狭さはさておき冷静になってこの新型AFシステムを眺めてみると、ものすごいAFシステムを積んできたのだと分かる。個人的にはクロスセンサーを中央部だけではなく、左右にも配置しているところに非常に好感が持てる。例えば70-200mmF2.8Gのような周辺部まで非常に高い解像力を持ったレンズを使って、周辺部に主題を置いたダイナミックな構図にガンガンチャレンジしてみようと思わせてくれるAFポイント配置だ。
また、微妙とはいえAFエリアが拡大されていることは事実なので、実際にファインダーを覗いてみるとボクがいま頭の中でイメージしているものよりも「使える」AFエリアになっている可能性もまだ残されている。


新開発のミラー駆動機構
ニコンイメージングの説明を読むと「新開発のミラー駆動機構を搭載し、消失時間を大幅に短縮してファインダー像の連続性を確保するとともに像のブレを軽減。これにより、連続撮影時のファインダー像の「見え」は驚異的なまでの進化を遂げ・・・」と書いてあるが、これはD4系と比較しての話だと思われる。これが本当だとしたらとんでもないことだ。何故ならば、D4ですでにゼロとも思えるほどの消失時間を達成しているというのに、それをさらに「大幅に短縮」しているというのだからもう言葉も出ない
これはもはや実際に体感してみないと分からない世界だと思うのだが、現状考えうる最高のミラー駆動機構になっているに違いない。


操作性
 
D3からD4に変えてもっとも痛感した事は、「操作性」の大切さ。あるチャンスが訪れたときに、各種設定にもたついているようなカメラだったらその瞬間なんて撮れないだろう。操作性の良さは一瞬のチャンスに強いということに他ならない。D4ではD3で使いにくかった全てが解消されており、説明書不要の直感的操作が可能になっている。このD4の操作性の良さを味わってしまうと、もう他は使えなくなるほどに、操作性が考え尽くされている機体がD4だ。
D5は一桁機伝統の右側MODEボタンを左側に移動し、ISOボタンを右側に配置するなど、既存の概念にとらわれない試みがされている。このボタン配置一つとってもD5はD4よりもさらに操作性が向上していることは間違いなく、一体どれほど使いやすいカメラになっているかボクには想像できない。


その他、D4sやD810などに搭載された、D4使いが羨ましいと思っている全ての事はD5で出来るようになっている。そんなことを考えていると、なんか猛烈にD5が欲しくなってきてしまうので、今回はこの辺でとどめておいた方が良さそうだ。

D5 高感度帯

TOP