Nikon D850
長野 姨捨の夜景

ボクは今までその時点で手に入れうる最低画素機(D3やD4)を使用してきたが、いきなり4500万画素機を手にすることになった。そうなってくると、やっぱり風景を撮りたい!と写欲が湧いてくる。そんなわけで、日没の時間を見計らって、長野県は姨捨の夜景を撮りに行ってみたのでご紹介したい。

ボクにとって初めての撮影ポイントだったので、おそらくこのエリアで最も一般的な撮影地点である、姨捨公園の展望台から撮影した。このエリアは棚田の写真が撮れることで有名なので、積極的に開拓してみたいエリアなんだ。


機種 D850 「Nikon D850」

ボクはバリバリの夜中に撮る夜景写真よりも、暗くなりはじめ・街明かりがともりはじめる時間帯が好きだ。

これはまさにそんな瞬間に撮影したものだが、結果的にこれが今回のベストショットとなった。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 6s
ISO感度 ISO64
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード LVモード拡大鏡マニュアルフォーカス
三脚 三脚・レリーズケーブル
ミラーアップ・電子先幕シャッター


機種 D850 「Nikon D850」

200mmにして夜景を撮ったことはほとんどなかったと思うが、200mmにして撮影してみたところ、想像以上にサジタルコマフレアが画面隅に発生しているのを発見してしまった。

まあ、このレンズを200mmの望遠にして夜景を撮ろうとはあんまり思わないので、大した問題にはならないだろう。
レンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G
ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F5
露光時間 30s
ISO感度 ISO100
露出補正 +0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 200mm
AFモード LVモード拡大鏡マニュアルフォーカス
VR OFF
三脚 三脚・レリーズケーブル
ミラーアップ・電子先幕シャッター


機種 D850 「Nikon D850」

同じ地点から、70-200F2.8Gと5814Gの両方で撮影した。
レンズの性能比較目的で撮ったものではないので、撮影条件はそれぞれ違う。

このカットは70-200F2.8Gで撮影したもの。その次のカットは5814Gで撮影したものになる。両者とも非常に良く写っているということで一致。
レンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G
ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F5
露光時間 25s
ISO感度 ISO100
露出補正 +0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 70mm
AFモード LVモード拡大鏡マニュアルフォーカス
VR OFF
三脚 三脚・レリーズケーブル
ミラーアップ・電子先幕シャッター


機種 D850 「Nikon D850」

5814Gや70-200F2.8Gといった、良いレンズをそろえておくものだと思う。

カメラボディは数年おきに魅力的な新製品が登場し、その時代に合わせて対応していく必要があると思うが、レンズに関しては一度いいものを入手しておけば、かなりの長期間にわたって相棒として活躍してくれるだろう。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 25s
ISO感度 ISO200
露出補正 +1.0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード LVモード拡大鏡マニュアルフォーカス
三脚 三脚・レリーズケーブル
ミラーアップ・電子先幕シャッター

TOP