shinzou's Photo オフ会
東京開催

2011〜2016年の5年間、ボクと家族はマレーシアにて生活していたのだが、遂に日本に帰ってきて、日本での生活を開始している。そして大変ありがたいことに有志の方々がボクが日本に帰ってきたという事でshinzou's Photoのオフ会を開催して下さった。開催場所は東京の、夜景好きということを配慮して下さって新丸ビルのテラスでの開催となった。

そこでは、D5、サンニッパ、サンヨン、135mmF2D、2414、5814などなど、通常で見たらありえないほどの豪華レンズがずらりと並び、皆様お持ちのカメラ・レンズ・設定・小物を実際に見て触ってみて、これはマネしたいというのがかなりあった。そして普段撮られている作品などを拝見する事が出来て、本当に勉強になる、刺激のある有意義なオフ会だった。

お忙しい中、場所を段取りして下さったHLAさんをはじめ、遠くからいらしたDragosteaさん、まっちゃんさん、念願のD5を快く貸して下さいましたピッタリーニさん、本当にありがとうございました。


機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り 開放 F1.4

オフ会の会場である新丸ビルへと向かう途中、東京・銀座にて。その独特な雰囲気を2414Gの絞り開放で切り撮った。ズームでは決して到達できない「F1.4の境地」がここにある。

最近まで住んでいたマレーシアのクアラルンプールも東南アジア屈指の大都会だが、同じ大都市でも東京は雰囲気が全く異なる。KLやバンコクと比べ、極めて安全で秩序が保たれており、清潔でゴミが落ちていない。そのキレイさたるや、ゴミ捨て罰金のシンガポール以上。シンガポール以上に巨大で面積のある大都市なのに、何をどうしたらここまで清潔に保てるのか?外から来た外国人にとっては驚愕させられるものがあると思う。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F1.4
露光時間 1/1250s
ISO感度 ISO500
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード LVモード ノーマルエリアAF
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り F2.8

会場となった新丸ビルテラスからの夜景撮影。写真では何度か見たことのあるシーンだが、まさか自分がこの景色を撮影する機会に恵まれるとは思ってもいなかった。
手持ちの手すりに載せて固定という無理のある設定なので、低感度は諦めISO1000とする。通常F4〜F5.6に絞って撮る条件だが、開放から2段絞りのF2.8として、結果的に1/8sを確保。

何枚か撮影して最もブレていないカットを採用した。等倍にすると描写が甘いが、現代カメラは手持ちでここまで撮れるという事がまずもって凄いことである。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.8
露光時間 1/8s
ISO感度 ISO1000
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード LVモード 拡大鏡マニュアルフォーカス
三脚 手持ち・ミラーアップ


機種 D5 D5 + AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」

絞り F5

遂に・・・、遂に「D5」で撮影する機会に恵まれてしまった瞬間。参加者ピッタリーニさんが持参して下さったD5+5814Gをお借りして東京駅を切り撮った。D5の高感度を試すべく、ISO4000の手持ち撮影。手すりと自分の腕を三脚代わりにして撮影したが、いやはやこれは流石にとんでもない性能を有しており、流石はD5だなぁ・・・。とため息が出る。その証左として、三脚なしの手持ち高感度撮影でいきなりこれが撮れてしまうのだから・・・。

その操作系はD4と共通しており、一桁使いならばちょっと説明を受けるだけで何の違和感もなく取り扱う事が出来るだろう。しかもその扱いやすさはD4の遥か上を行っており、痒いところまで手が届きまくっていて一瞬で撮影体勢に入れる。「その瞬間を逃さない」という本質を追求した、正真正銘の一桁機であった。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F5
露光時間 1/10s
ISO感度 ISO4000
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-C シングルエリア
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」

絞り F5

同様のカットをD4にて。このカットは、手のひら小型三脚の脚を手すりに挟んで撮影している。三脚の威力はやはり絶大で、0.8秒のシャッター速度位なら耐えられる。

なお、この時は自分の5814Gを持参していなかったのでピッタリーニさんの5814Gをお借りしている。助かりました。ありがとうございました。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 0.8s
ISO感度 ISO400
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード LVモード 拡大鏡マニュアルフォーカス
三脚 小型三脚・ミラーアップ・レリーズケーブル


機種 D4 「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」

絞り F2.8

2日目は兄と合流し、長女と上野動物園に向かう。
パンダも魅力的だが、ボクにとっての本命は「ハシビロコウ」。

この鳥は、得も言われぬ魅力をたたえた鳥である。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-C シングルエリア
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」

絞り F2.5

デカいくちばし、剥製のように止まる、眼力のある鋭い目、しかし後頭部に寝ぐせがあるなど、突っ込みどころ満載の面白い鳥だ。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F2.5
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-C シングルエリア
三脚 手持ち


今回のオフ会では、皆様方お手持ちの機材を駆使し、様々な被写体を素晴らしく切り撮られているという事を身をもって体験できたのが一番の収穫だった。普段は一人で写真を撮っているので、誰が何を考えながら撮影されているのかは分かりにくい。しかし実際に集まって情報交換をするという事がこんなにも有意義で沢山の情報を得られるとは、想像以上だった。

日本に帰ってからというもの、忙しくて写真を撮りに行く時間が減ってしまったが、この刺激を受け、そろそろ紅葉あたりから本格始動しようかな。と思っているんだ。


TOP