柴犬とD4と
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

先稿のとおり新たに柴犬を我が家に迎え入れ、一緒に生活を始めたわけだが、2016年05月16日産まれ(生後55日)と小さいため・・・、というかまだ自宅に来て1泊しかしていない状態のため、基本的には室内で安静にしてもらっている。それでも、環境への慣れが早いのかえらく堂々と振る舞っているため、短時間だけ外に出してみたとき、やはり写真好きの血が騒ぎまくって5814Gでポートレート撮影したものである。


機種 D4 「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」

絞り F3.5

体勢・表情など、納得の一枚が撮れたのは、使ったレンズが5814Gだったからかなのかは分からない。分からないんだけど、とにかく可愛いことは確かだ。というか、超イケメン。

おしむらくべくは背景で、これがもし緑の上、自然の中だったら素晴らしいタイミングになったと思う。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.5
露光時間 1/320s
ISO感度 ISO400 (自動制御)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-C ダイナミック51点
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」

絞り F3.5

目にするもの、その匂いなど、全てが初めて過ぎる状態。ブリーダー様・親元・兄弟から引き離されたばかりの心境を慮ると下手に不安をあおるようなことはできないと思う。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.5
露光時間 1/1000s
ISO感度 ISO400 (自動制御)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-C ダイナミック51点
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」

絞り F3.5

ボクは上から目線の写真は好きじゃないんだけど、上から見たときの、何と言うか、たわしと言うか、ソーセージというか、いがぐりというか、チクチクした毛並みというか・・・、そしてそれが精密にモコモコと動き回るのが可愛すぎる。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.5
露光時間 1/800s
ISO感度 ISO400 (自動制御)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-C ダイナミック51点
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」

絞り F3.5

写真で見ると凛々しいのでサイズ感が分からないかもしれないが、玄関の階段ほどの高さでしかなく、手のひらサイズ。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.5
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO400 (自動制御)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-C ダイナミック51点
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」

絞り F3.5

あくびをした時の表情を三連発で。動作が遅いカメラではなかなか難しい。しかしD4であればこれ位朝飯前だ。口吻・鼻先をかいくぐって、その瞳にピントを合わせる。
レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F3.5
露光時間 1/400s
ISO感度 ISO400 (自動制御)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-C ダイナミック51点
三脚 手持ち


TOP