タイ
プーケット / ピピ島
その2

先稿からの引き続きで、「プーケット/ピピ島」で撮影してきた写真をご紹介させて頂きたい。風景写真については画像をクリックすると大画面が表示されるようになっている。


機種 D4 「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」

プーケット 「Outrigger Laguna Phuket Beach Resort 朝焼け」

建築物に露出を合わせた一枚と、空に露出を合わせた一枚を取得し、LRのHDR合成機能を用いて現像処理を行った。

フィルムでは絶対にできなかったことがデジタル化されることによって気軽にイメージ通りの絵を得る事が出来るようになった。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 3s
ISO感度 ISO200
露出補正 -1
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 20mm
AFモード LVモード 拡大鏡マニュアルフォーカス
三脚 三脚・レリーズケーブル・ミラーアップ

機種 D4 「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」

プーケット 「Outrigger Laguna Phuket Beach Resort」

何気ないワンカットでも絵になるし、したいと思う。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 30s
ISO感度 ISO200
露出補正 +2.0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 16mm
AFモード LVモード 拡大鏡マニュアルフォーカス
三脚 三脚・レリーズケーブル・ミラーアップ

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

ピピ島

海ツバメの巣が採れる洞窟。

この時はすでに船酔いしており、ファインダーを覗いて撮影できるような状態ではなかったため、LVモードに切り替えて撮影。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード プログラムオート
絞り F7.1
露光時間 1/200s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード LVモード ノーマルエリア
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」

プーケット 「Outrigger Laguna Phuket Beach Resort」

これも建築物に露出を合わせた一枚と、空に露出を合わせた一枚を取得し、LRのHDR合成機能を用いて現像処理を行った。

合成と聞くと引いてしまう方がいらっしゃるかもしれないが、折角便利な機能があるのだからそれを積極的に自分の中に取り入れて新たな可能性として模索したいものだ。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1.3s
ISO感度 ISO200
露出補正 -2
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード LVモード 拡大鏡マニュアルフォーカス
三脚 三脚・レリーズケーブル・ミラーアップ

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

ピピ島

船上でめぐるましく変わるシーンと船酔いでレンズ交換どころではなかったので、全ての撮影を3514Gで押し切った。それでも広角や標準ぽい感じなど、いろいろな表現が可能なレンズで頼りになる。
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード プログラムオート
絞り F10
露光時間 1/400s
ISO感度 ISO360
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード LVモード ノーマルエリア
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」

プーケット 「Outrigger Laguna Phuket Beach Resort」
レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 26s
ISO感度 ISO200
露出補正 +0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 35mm
AFモード LVモード 拡大鏡マニュアルフォーカス
三脚 三脚・レリーズケーブル・ミラーアップ


次へ


TOP