キャメロンハイランド
単焦点紀行 (2)

先稿に引き続き、キャメロンハイランド単焦点紀行をご紹介させて頂きたい。一部の作品については画像をクリックすると大画面が表示されるようになっているので、興味がある方はそちらもご参照頂ければと思う。


機種 D4 「AF-S Nikkor 58mm f/1.4G」

絞り F11

マジキチF1.4Gシリーズの中で鉄板レンズと言えば5814Gだろう。超絶なる夜景性能を持ち合わせているが、標準レンズとしても非常に優秀でフットワークを活かせばどのようなシチュエーションでも対応できるようになる。

遠景では性格をガラッと変えて超高解像度レンズとなるのもこのレンズを扱ううえでの楽しみである。興味のある方は画像をクリックして大画像を参照頂き、5814Gの圧倒的なパワーをご確認していただければと思うんだ。
レンズ AF-S Nikkor 58mm f/1.4G
露出モード 絞り優先オート
絞り F11
露光時間 1/125s
ISO感度 ISO125 (自動制御 やや高速)
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 58mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F6.3

イチゴ農園にて収穫したイチゴをマイクロレンズを用いて接写した。このレンズは結構なんでも撮れる万能レンズだが、最も得意とするのは言わずもがな接写領域。このようなものを撮らせたら右に出るレンズはそうそうないだろう。

この写真を撮った後すぐ、このイチゴは一瞬にして食べつくされてしまった。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F6.3
露光時間 1/400s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR ON
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F9

「Micro 105mmF2.8G VR」は中望遠レンズとしても非常に優秀で、AFも速いため、例え振り向きざまに「パッ!」と撮影したとしても確実にモノにしてくれる。

一瞬の出来事でも確実に水平・ピントが合っていなくてはならず、そのあたりは日ごろから意識して鍛錬するしかないだろう。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F9
露光時間 1/320s
ISO感度 ISO100
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F6.3

散らすように咲く朝顔みたいな花が印象的だと思ったので、それを素直に105mmで切り撮った。105mmという焦点距離はマクロ以外ではあまり使ったことはないのだが、実際にフィールドに持ち出して使ってみると思いの外構図を決めやすく、扱いやすい

それにしても105mmにして1/60s。普段VRに頼った撮影はしないように心掛けているが、それでもこの写真がブレていないのはVRによる賜物だろう。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F6.3
露光時間 1/60s
ISO感度 ISO200
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F11

イチゴ一点に狙いを定めてF11で切り撮った。ほぼ絞り開放で撮影した同一カットもあるが、F11まで絞ると流石に切れ味が違う。非常に魅力的なレンズだと思う。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F11
露光時間 1/250s
ISO感度 ISO1250 (自動制御 やや高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F4

ただ単に足元に生える植物すらも撮りたくなってしまうのは、装着されていたレンズが「Micro 105mmF2.8G VR」だからに他ならない。もし、その他のレンズを装着していたら撮ろうとも思わなかっただろうことを考えれば、「Micro 105mmF2.8G VR」は小さな世界をボクに気付かさせてくれるレンズだと言えるだろう。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 1/100s
ISO感度 ISO200
露出補正 -0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR ON
三脚 手持ち

キャメロンハイランド
単焦点紀行 (3)へ


TOP