AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED 本撮り
KLバタフライパーク (4)

先稿からの続きで、入手したてのマイクロレンズ「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」で撮影した蝶の写真をご紹介させて頂きたい。画像をクリックすると大画面が表示されるようになっているので、興味のおありの方はそちらもご参照いただければ幸いである。


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

このオレンジ色の蝶は妙に人懐っこくて、ボクの肩や腕に長時間とどまり続けていた固体である。そういえば、以前訪れた時もこのタイプの蝶がボクのジーパンにずっとくっついていた事があるので、この蝶は警戒心が薄い蝶のようだ。

肩に止まっていたのを指ですくい上げ、右の片手でカメラを鷲掴みにして撮影した。D4+マイクロ105mmF2.8G VRの組み合わせは大きくて岩石のように重たいが、がっしりしたその躯体とVRによってブレの無いショットをものにした。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/250s
ISO感度 ISO1000 (自動制御 やや高速)
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

まるでサーキットでクルマがシケインに突っ込んできたような体勢になった瞬間を切り撮った。

マレーシアの国蝶「ラジャブルク」の雄姿。そんな姿をバシバシ撮れるのも、マレーシアにいるからこそ。貴重なカットだ。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO500 (自動制御 高速)
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

じっとして動かない蝶を真正面から捉えた。まるでおんぶバッタのようなユニークな表情を持った蝶だ。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO1000 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

これもまた不思議な色彩を持った蝶である。まるでパレットに緑色の絵の具が乗っているかのようだ。近づきながら2カット撮ったところでパッ!と逃げてしまった。

一瞬の迷いで撮り逃すため、目を引く蝶を見つけたら、ファインダを覗きながら、シャッターを切りながら徐々に近づいていくとよい。蝶に接近してからカメラを構える動作をするとほぼ間違いなく逃げてしまう。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO1400 (自動制御 高速)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

どの蝶を撮影しても素晴らしいものばかりだ。自然の作りだした造形は面白いと思うし、マイクロレンズがあればそれを細部まで楽しむ事が出来る。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO2000 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

翅が痛んでいる蝶だが、これもこの蝶が羽化してから今日まで飛び回る事の出来たである。

傷の一つ、燐粉の一粒まで仔細に写し切るマイクロ105mmF2.8G VRを使ってみると、このレンズを選んで正解だったと思わせてくれる。ボクの技量では、間違ってもマイクロPC-Eレンズは蝶の撮影に扱いきれるものではなかっただろう。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/250s
ISO感度 ISO2200 (自動制御 やや高速)
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

この蝶は美しいと思う。様々な色の蝶が飛び交う中、ひと際目立っていたのがこの白地に黒の蝶。

このような美しい蝶の魅力を120%引き出すためには、マイクロ105mmF2.8G VRのようなレンズが必要なんだ。主題はもちろんのこと、その主題を引き立てる背景やボケ味も素晴らしく良いレンズだ。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO1000 (自動制御 高速)
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


TOP