AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED 本撮り
KLバタフライパーク (2)

先稿からの続きで、入手したてのマイクロレンズ「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」で撮影した蝶の写真をご紹介させて頂きたい。画像をクリックすると大画面が表示されるようになっているので、興味のおありの方はそちらもご参照いただければ幸いである。


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

妙に茂みの中を狭そうに飛んでいる蝶だな。と思って観察していると、なんと産卵中の蝶だった。注意深く見守っていると産卵管から卵がプリッ!と出てきた瞬間を目撃してしまった。

一つ卵を産んだらまた次の場所に移動し、また卵を産みつける。その卵が孵って、その幼虫が無事に大きくなり、サナギになって、成虫までになれるのは、果たしてどの位の割合いなんだろう?と思ってしまった。

産卵を終えたこの蝶はおそらく短い間に寿命になると思うが、この蝶が生きているをマイクロ105mmF2.8G VRで切り撮った。ISO5600を感じさせないD4の高感度耐性も見逃す事の出来ない大きなポイントだ。両者現時点で最高レベルのものを使う事によって、ボクのような一個人でもここまでの撮影ができるようになる。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO5600 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F5.6

黒い立派な蝶。

蝶と花の露出が大きく異なるが、RAW現像工程を通す事によってほぼ思い通りのイメージに調整する事が可能だ。フィルム時代では不可能だった事が、デジタル時代になって個人で楽しめるようになったのは果てしなく大きいと思う。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO800 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

黒っぽい蝶であれば少し明るめの背景を選びたいし、明るい蝶であれば少し暗めの背景が主題が引き立ててくれる。

実際の現場では気ままに飛び回る蝶に翻弄されてそんな事は言っておれないのだが、なるべく主題と背景の色合いについても注意しながら撮影したいものだ。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO2000 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F5.6

明らかに以前使用していたマイクロ105mmF2.8Dを上回る解像力を持ったレンズだ。すっきりとした透明な描写力がそれを持つ者に高い満足感を与えてくれるだろう。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/250s
ISO感度 ISO450 (自動制御 やや高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F5.6

通常であれば手持ちの限界を完全に超えている1/60sだが、VRという飛び道具を利用する事によって手持ちでほぼブレの無いカットをものにした。飛び疲れて痛んだ翅の質感など、克明に描写する。以前のレンズでは挑戦できなかった事が出来るようになったのは大きい。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/60s
ISO感度 ISO800
露出補正 -0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

マレーシアの蝶と言われれば、絶対に外せないのがこの「ラジャブルク」。マレーシアの国蝶にも指定されている大型の蝶であり、その貫録は威風堂々。

今回ボクのお目当ての蝶の一つである。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO900 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

相当空腹なのか、花の中にガッツリと頭を突っ込んでいる蝶。速すぎて肉眼では見えないものが、写真にする事によって見えるようになる。特に目の悪いボクにとっては、写真に写せばその場で見えなかったものが克明に見えるようになる。ボクにとってはそれも写真の面白さの一つなのだ。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO900 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

KLバタフライパーク (3)へ

TOP