AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED 本撮り
KLバタフライパーク (1)

10年以上使用したマイクロ105mmF2.8Dから、遂に「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」に更新できたのは既報のとおりであるが、その実力を試すべくマイクロ105mmF2.8G VRの本撮りと称して久しぶりにKLバタフライパークに足を運んできたので以下にご紹介させて頂きたい。

マイクロ105mmF2.8Dはピント面の解像力こそ高いものがありけりだったが、その他の形質については到底満足出来るものではなくボケはざらざら、AFもカメのように鈍重なレンズだった。マイクロ105mmF2.8Dが発表された「時代」を考えればそれも当然だが、実際に現行のマイクロ105mmF2.8G VRを使ってみるとまるで「霧が晴れた」かのようなクリアな描写をしてくれるその性能に今更ながら驚かされてしまった。

今回の装備は「D4」「105mmF2.8G VR」だけという非常にシンプルな装備となっている。KLバタフライパークは三脚の持ち込みが禁止されているが、そもそも目の前でヒラヒラ飛びまわる蝶を相手に三脚を構えている余裕は全くないため、手持ち撮影が前提となる。ここで役に立つのがやはりVRだ。蝶は思いのほか動きが速く、1/500sのシャッター速度を利用していたので手ブレするようなシャッター速度では無いのだが、ファインダー像がVRによって静止しているのは構図を作る上で非常に有益だ。ボクはVR崇拝者ではないがこれを味わってしまうと「マクロにはVR」と感じてしまう。

今回も画像をクリックすると大画面が表示されるようになっているので、興味のある方は大画面もご参照いただき、マイクロ105mmF2.8G VR購入への動機付けとして頂ければ幸いである。


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

今回は全体的に蝶の「生き生きとした表情」を捉えるように心がけた。蝶に表情は無いので表情というのもおかしいのかもしれないが、花から花へと飛び回る姿や、蜜を吸うときのしぐさなどがそれに当たる。

基本設定はISO感度オートの高速。つまりシャッター速度は1/500S。D4は元々高感度耐性が高いカメラで、ISO2500程度までであれば等倍に確認しなければ分からないほどの性能を有するが、高ISOになりすぎるのを防ぐために絞りはF8とした。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO1000 (自動制御 高速)
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

マイクロ105mmf2.8Dを使用してきたので、マイクロレンズはボケがキレイでは無いという先入観があったのだが、マイクロ105mmF2.8G VRを使用してみてそれは当てはまらないと言う事を教えてくれた。

ここまで奇麗なボケを出してくれるのであれば、背景の自由度が高くなり、結果的に撮影の幅が広がってくれる。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO1000 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F5.6

同じ焦点距離を持つレンズとしては70-200mmF2.8G VRIIがあるが、あれは接近戦が苦手なレンズである。このような花を撮らせたら完全にマイクロ105mmF2.8G VRに軍配が上がる。

例えば同じ焦点距離でも得手不得手というものがあり、シチュエーションによって最適なレンズを選択しながら撮影するのが一眼レフの醍醐味であり、またそれが沼の深さでもある。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO1400 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

ボクは蝶には詳しくないのだが、アゲハ蝶の一種だろうか。小さいが目を引く蝶だ。

それにしても大きな蝶は体が重たいのか動きが遅いのだが、このように小さな蝶は動きが速いうえに警戒心が強く、カメラを構えるとパッと逃げてしまう。

上手く撮らないと小粒な写真になってしまうので、撮影難易度としては小さな蝶の方がはるかに難しい。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO1400 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

白地に黒い斑点が非常に美しい蝶。白と黒しかないが、普遍の美しさをこの蝶から感じる。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO800 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

ビシッと決まると燐粉の一粒一粒まで写し込むその解像力は流石。

警戒心の強い蝶の撮影では、被写体と一定の距離を保てる105mmが扱いやすいマイクロレンズとなるだろう。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO1100 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード AF-C ダイナミック21点
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」

絞り F8

KLバタフライパークに行けば、日本では見た事のないような熱帯の蝶に出会える。蝶マニアの方であれば、たぶん1日居ても飽きないのではないだろうか。

こんな素晴らしい公園にたったRM22(700円くらい)で入れるのであれば、それを利用しない手は無い。
レンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO2500 (自動制御 高速)
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 105mm
AFモード マニュアルフォーカス
VR ON
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

KLバタフライパーク (2)へ

TOP