ゴリ推し「2414G」

最近、「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」こと「2414G」のゴリ推しが続いてしまっているのだが、それはやはりこのレンズは皆様にゴリ推しするに値する・・・否、ゴリ押しさせて頂かなくては勿体ないほどの凄いレンズだと思っているからなのだ。大三元「14-24mmF2.8G」が「2414G」とガチの同一価格で鎮座している関係上、どちらかと言えば大三元「14-24mmF2.8G」に食指がのびるのが普通なのは百も承知の上。それでもやっぱり「2414G」は特別なレンズであり、それが存在している確かな理由がある。そして、両者どちらもスゴいレンズなのだが、どちらかと言うと2414Gのほうがよりスゴい。

今回はほぼ同一シチュエーション・同一時間帯に、「2414G」だけを用いて撮影したものであるが、やはりF1.4のパワーは凄まじいものがあり、ホントに24mmだけで撮ったのか?と思わせるような表現の幅があるのだ。

この広角レンズは、普通じゃない。


機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り F1.4

植え込みの下をのぞきこむしぐさを「2414G」の絞り開放で切り撮った。子どもが地面に這いつくばったら、ボクも地面に這いつくばることをいとわない。むしろそれをシャッターチャンスと思う。それがボクの撮り方。

24mmの広角レンズだが、絞り開放を使う事によって開放から素晴らしいボケ味を発揮する。手前からピント面、そして奥に向かって連続してボケてゆくそのボケ味は流石2414G。そして、RAW現像処理において絞り開放の周辺減光落ちは敢えてそのまま残している。最新レンズでありながら少しオールディな雰囲気も楽しめたりする。

弘法筆を選ばずと言うが、ボクは弘法ではないのでレンズは選びたい。標準普及レンズでこれと同じ事をやろうったって、それは無理ってものなのだ。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F1.4
露光時間 1/1000s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り F2

バランスを崩して植え込みに落ちそうになっている瞬間を「2414G」の絞りF2で。太陽の光に当たる植物のきらめきが美しい。

ほぼ絞り開放で被写界深度が浅く、かつ不規則に動く小さい顔が相手だが、しっかり顔にピントが来ている。これはボクの腕前云々と言うよりも、D4のAF精度の賜物と言った方が100%正しい。今、使えるものは惜しげもなく使って何が何でも狙ったところにピントを合わせたい。

また、逆光の影となってアンダーになりやすい状況にも拘らず、露出補正なしで撮影し、ちょっとしたRAW現像でここまで適正露出を得られてしまうとは・・・、D4恐るべし。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F2
露光時間 1/1600s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち


機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り F1.4

振り回している枝にピントを持ってかれた失敗作だが、それにしてもこのボケ方は半端ない。「これは24mmのボケです。」と説明しても「24mmでこんなにボケるハズがない!」と信じてもらえないかもしれないが、正真正銘「2414G」で撮影した一枚だ。

マジ鬼

14-24mmF2.8Gの14mm域のような超絶広角写真は撮れないがしかし、14-24mmF2.8Gではこのボケは絶対に生み出せない。「2414G」は24mm固定だが、こういうのが撮れるという事はつまりボケ表現の幅がめちゃくちゃ広いレンズだと言う事に他ならない。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F1.4
露光時間 1/2000s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち


機種 D3 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り F1.4

これも絞り開放。これが開放のF1.4と言われても「マジ?」と思われてしまうかもしれないが、これはマジだ。ピント面と背景の境界部分をよく見ると、被写体がフワッと浮き立つようなこの感じ。たまらない。

ボクは定石に倣って「レンズは一段絞った位からがスィートスポット」と考えているのだが、こと「2414G」に関してはどうしても開放から使ってみたくなる不思議なレンズ。

万人にお勧めできるようなレンズでは無いと頭では分かっているのだが、このレンズを使うとやっぱりゴリ押ししたくなる自分がいるんだ。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F1.4
露光時間 1/1250s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール ビビッド
三脚 手持ち


TOP