Masjid Asy-Syakirin

今回はKLCCにあるにもかかわらず、なぜか今まで訪れる事の無かったモスク「Masjid Asy-Syakirin」をご紹介させて頂きたい。外からの構図も撮りたかったのだが、どうも工事中でうまい構図で撮影する事が出来なかったので、撮影したのは中だけである。

装備としては「D4」と、落下不調から復活した「14-24mmF2.8G」である。また、いつものように超小型三脚とレリーズケーブルを持っていったのだが、超小型三脚を据え付ける余裕がなかったため、手持ちでの撮影となった。なお、係員同伴で撮影許可をもらったうえで中に入り、撮影している。

機種 D4 「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」

「Masjid Asy-Syakirin」

ボクのスタンスとしては、完全にブレを排除し、完全に水平、完全に中心に撮影するために、ミラーアップと三脚とレリーズケーブルは必須。しかしながら今回はそのような「余裕」が無かったために、手持ちでの撮影となった。それでもISO200で撮りたいし、少しでも絞りたい。結果的に1/30sというボクにとっては低速限界での撮影となった。10枚以上撮影して最もブレが無く、最も収まりの良いカットを採用した。

ニコンを代表する超広角レンズ「14-24mmF2.8G」。シャンデリアの一粒一粒をも描き出すその圧倒的パワーを見るにつけ、やっぱりこのレンズはスゲェなと思わされる。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/30s
ISO感度 ISO200
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」

絞り F5.6

一歩前に出て縦構図。非ムスリムであるボクはこれ以上前に進む事は出来ないが、それでもここまで中に入れさせてくれるのは非常にありがたいし、ここに来た甲斐がある。

通常のレンズでは絶対に撮れない構図だが、「14-24mmF2.8G」の超広角レンズがあれば、可能となる。

これでモスク・コレクションがまた一つ増える事になった。
復活した「14-24mmF2.8G」によりその神聖な堂内を隅々まで描き出す事が出来た。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/40s
ISO感度 ISO200
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


TOP