AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
復活!

先稿にて、(酔っぱらった時に)落っことしてしまった大三元レンズ「14-24mmF2.8G(定価30万円)」が点検・調整の結果、「直ったかも。」というご報告をさせて頂いたが、本当に直ったかどうかは同じ条件下で撮り比べてみなければわからない。

ここで言う同じ条件とはつまり、「アイロンモスク」のリベンジ撮影である。前回アイロンモスクで撮影した際はF11に絞り込んでもなんだかボヤけたような描写で画像周辺では色収差が盛大に発生しており、どう煮ても焼いても納得いかない画像だったが、ニコン仙台修理センターにて調整した結果は下記のとおりとなる。

機種 D4 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

絞り F5.6

き・・・ついに来た・・・・・・。
じぇんじぇん(全然)違うではないか!!
これぞ「14-24mmF2.8G」の絵。
ここに掲載している点検・調整前のF11画像と比べて、歴然と良くなっている。

調整費用はゼロ円で、ニコン仙台修理センターが具体的に何をしてくれたのかボクにはわからない。しかし、今までの「14-24mmF2.8G」では何をしてもボヤけた写真しか得られなかったのだが、調整後は一発でこの絵が叩き出されてきた。

これをタダでやってくれた。これ神対応
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/40s
ISO感度 ISO200
露出補正 +0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード LVモード拡大鏡マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 三脚・ミラーアップ・レリーズケーブル

機種 D4 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

絞り F8

普通に1枚のカットをRAW現像しても良いのだが、LightroomCCに搭載されたHDR合成機能を練習するために撮ったカット。

HDR画像を取得するには三脚を使用するのが一番だが、手持ちでD4爆速連写+オートブラケティングを用いて、0補正、-0.7補正、+0.7補正の3枚を瞬時に撮影し、LightroomCCに搭載されたHDR合成機能を使ってHDR RAWを取得した上で、それを現像したもの。

色々いじくってみたが、これは良い。新たな作風を得るためにも、積極的に使っていきたい機能だと思った。解像度が何となく低いのは、LR内部で位置合わせ処理されるといえども、手持ちゆえに僅かに個々の画像位置が僅かにズレているからだろう。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/400s, 1/640s, 1/250s
ISO感度 ISO100
露出補正 0 / -0.7 / +0.7 HDR合成
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

絞り F5.6

ずっと撮りたいと思っていた「アイロンモスク」
初めてアイロンモスクを訪れてから1年がかり
やっと撮りたい構図できっちりと撮る事が出来た。

写真はシャッターを押すだけで撮れるようになっているが、きっちり撮ろうとすればするほど、大変な手間と時間がかかるんだ。。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/100s
ISO感度 ISO200
露出補正 +0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード LVモード拡大鏡マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

絞り F5.6

アイロンモスク入り口から手持ち撮影。日本では絶対に撮る事の出来ない光景が目の前にある。一写真好きであれば、何としてもそれをモノにしたいものだ。

それにしても、これをもってボクの「14-24mmF2.8G」は完全復活と宣言し、積極的に撮影に持ち出したいと思っている。そして、これを無料で調整してくれたニコン様に感謝しているんだ。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/60s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 14mm
AFモード LVモード拡大鏡マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち

機種 D4 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

絞り F5.6

帰り際の一枚。

何気なしに奥側にピントを合わせてしまったが、手前側にピントを合わせたほうが良かった。

それでも、このような絵を安定して出せるようになった「14-24mmF2.8G」にの復活ぶりに安心できたのが一番の収穫だ。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F5.6
露光時間 1/500s
ISO感度 ISO200
露出補正 -0.7
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 20mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 手持ち


TOP