コイツは唸るしかない
「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

「70-200mmF2.8G VRII」を手に入れた動機は、もうちょっと狭い範囲での用途だったハズだが、コイツはボクの想定を遥かに超えた活躍を見せてくれている。

例えば仮装パーティだ。よく似たシチュエーションとしては結婚式の披露宴会場だが、そこは決して明るいとは言えない照明なうえに天井が高く、かなり暗い室内だった。そこでD4に70-200mmF2.8G VRII一本だけの装備で、スピードライト無し、絞り開放、VR ON、ISO感度自動制御で撮りまくったが、D4+70-200mmF2.8G VRIIはその性能を如何なく発揮し、あの暗い室内で奥の背景・画像周辺まで非常に明るく写った絵を叩き出しまくった

歩留りを考えて2・3枚同一カットを撮影していたが手ブレ・被写体ブレ無し、ジャスピンカットを量産したので、事後選別でどれを捨てようか逆に困ったほどだ。

大口径単焦点崇拝者であるボクも、ズームレンズにしてこの絵を叩き出す70-200mmF2.8G VRIIの圧倒的パワーに「むむむ・・・!」と唸るのが精一杯で、他に言葉が出てこなかった

こりゃプロが式場で使っているレンズな訳だと・・・。

後日、別の参加者による別の普及一眼・普及ズームレンズで撮られた写真も出回ってきて、勿論ご本人が大切な瞬間を撮られた、価値のある尊い写真を否定するつもりなど0.1%たりともないが、単純にピント・キレ・明るさ・ブレ・WB等々を見比べてみると、もはや埋めようのない歴然としたがあったのは紛れもない事実だった。とにかくD4と70-200mmF2.8G VRIIの組み合わせはすぎた。


そして今回の作例。上記の仮装パーティとは全く関係ないものだが、70-200mmF2.8G VRIIのこの描写。この10年ほぼ単焦点レンズばかり使ってきたボクとしては正直、「ズームなんて・・・」という思いがどうしても頭の片隅にある。しかしコイツが次々と叩き出してくる描写力を見ていると、コイツに対する反論の言葉が、なかなか浮かんでこないんだ


機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

絞り F4

D4に、ボクが所有するレンズの中でぶっちぎりの爆速AFを持ち合わせる70-200mmF2.8G VRIIを組み合わせれば、踊ったり走ったりする子供にピントを合わせる事なんてた易い事だ。

小さなフォーカスポイントを持つD4を使えば「ち密」に、「正確」に、「狙ったポイント」にピントを合わせられる。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 1/800s
ISO感度 ISO360 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 180mm
AFモード AF-C ダイナミック9点
VR ON
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

手前から奥に向かって連続する場所ではカメラを構えずにはいられない。被写体と一定の距離を取りつつ、前後にかけた連続的なボケ味を楽しむために選択した焦点距離は180mm。レースの網目までをも克明に写し込むなど、ケチのつけようがない描写力を誇る。

なお、このようなシチュエーションで、例えば148mmとか163mmと言った曖昧な焦点距離で撮ることは許されない

「Exifデータも美しく。」

それが自分自身に課した本レンズ使用上のルール。なお、本レンズには180mmの焦点距離目盛はないが、自家製180mm焦点距離目盛が役に立っている。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 1/800s
ISO感度 ISO800 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 180mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR ON
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

絞り F4

なかなか抜けない指輪に顔をしかめた一瞬をとらえた。

ボクには悪い癖があって何も意識しないで撮ると右肩下がりになってしまう。現像時の傾き補正に頼る事があるが、それに頼ることを前提に撮影するのは良くない。いつ何時、あっ!と思った瞬間でもカメラを水平に構える訓練を続けているが、これがなかなか難しいんだ。

それにしても、これがズームとはにわかには信じられない。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 1/400s
ISO感度 ISO220 (自動制御 やや高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 180mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
VR ON
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

絞り F4

レースの網目まで克明に描写し尽くす70-200mmF2.8G VRIIの解像力。ボクは解像力至上主義者ではないが、ズームレンズにしてここまで克明に写してくると「こらもの凄い現代レンズだな・・・。」と、脱帽するしかない

強いて挙げるとするならば「優秀過ぎる」という言い掛りしか上がってこないが逆に、もしこれが「5814G」のような癖を持ったレンズだったら、ほぼ間違いなくダメだろう。ボクは、そのレンズが持つ欠点を探すことに労力を割く事なんかよりも、そのレンズが持つ魅力を見つけてそれを引き出してみたいと思う。

「70-200mmF2.8G VRII」は、これがいいんだ

コイツが活躍できそうな場所は、すぐに思いあたる。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F4
露光時間 1/800s
ISO感度 ISO360 (自動制御 高速)
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 180mm
AFモード AF-C ダイナミック9点
VR ON
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち


TOP