AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED 作例

自分で書いた記事をよくよく見返してみたところ、最近「2414G」で撮影した作例を上げていない事に気が付いたので、今回は「2414G」の作例をアップさせて頂きたい。「2414G」と言えば「3514G」「5814G」「8514G」ナノクリF1.4Gカルテット・マジキチシリーズの中でも最高額、希望小売価格 293,760円を誇る「ドMレンズ」である。世の中には14-24mmF2.8Gという素晴らしいレンズがある以上、こんなにちっこい(小さい)24mm単焦点レンズに、それと同額の値段・・・、つまり20万も突っ込むのはハッキリ言って狂気の沙汰である。

今回はそんなドMレンズでの作例となるが、こいつを用いて撮影した場所は、極めて何の変哲もないマレーシアローカル屋台レストランであり、世間一般的な広角レンズで撮影した場合は、どうしようもない背景しか得られない場所である。しかし、ボクの手元には「2414G」がある。24mmにして開放絞り値がF1.4というド級の明るさを持つ「2414G」で撮ると、どうしようもない場所でもこんな絵が叩き出されるようになる。こいつは、24mmにして唯一無二の存在なのだ。

機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り F1.6

24mmの広角レンズにして、この超絶ボケ

金額的な事を云うのは卑しいかもしれないが、現実問題としてこれが希望小売価格30万のレンズが叩き出す写り

世間一般的な広角レンズでこんなマネは絶対に出来ませんぜ。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F1.6
露光時間 1/50s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード LVモード AF-F
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り F1.6

広角レンズは絞って使え?

ボクはその限りとは思わない。

写真は、ボケだ。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F1.6
露光時間 1/60s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード LVモード AF-F
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り F1.4

普通の単焦点レンズは開放から1〜3段絞って背景が玉ボケるが、2414Gの面白い特性として開放になればなるほど背景の玉ボケが円に近づいて行き、絞り開放で真円となる

開放から使えると謳っていながら、実は1〜2段絞った方が良いレンズが多い中、2414Gは真に開放から使えるレンズ。

「開放で使う。」

それが2414Gの醍醐味だ。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F1.4
露光時間 1/200s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード AF-C シングルエリアフォーカス
ピクチャーコントロール スタンダード
三脚 手持ち

機種 D4 「AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED」

絞り F8

もちろんコイツは開放だけのレンズじゃない。

夜景で絞ると、性格が豹変してこれまたとんでもない描写性能を味わえる。ついさっきまで美しいボケを生み出していたレンズと同じレンズを使って撮ったとは思えないだろう。

これが、「2414G」だ。
レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 5s
ISO感度 ISO200
露出補正 0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 ポータブル三脚・レリーズケーブル


TOP