Putrajayaの夜明け -1-

先日、「Formula E」という電気自動車レースについてご紹介させて頂いたが、このレースが開催される夜明け前に「Putrajaya(プトラジャヤ)の夜明け」を撮影しているのでご紹介させて頂きたい。我ながら欲張りと言うか、相変わらず詰め込みすぎかとも思ったが、折角早朝から「Putrajaya」に到着しているならばレースだけではなく、夜明けの風景も撮っておきたいと思うのは一写真好きとしては当然の行動だろう。

本命カットは「siri wawasan bridgeから望むMasjid Putraの夜明け」だったのだが、現地に到着してみるとその周辺は「Formula E」のコースとなって厳重に通行禁止区画となってしまっており、siri wawasan bridgeに到達する事すらできず、本命カットは撮る事が出来なかった。しかし、今回はそれも想定の範囲内であり、ガッカリはしなかった。

何故ならば、ボクは一度その場を訪れただけでいきなり最上のカットを撮れるほどの技量はないし、感動的な気候条件に恵まれるほどのツキもない。ボクに出来る事と言えば、何回も下見をして、ベストな撮影スポットを探しベストな撮影タイミングに出会えるのを期待する事だけなのだ。

今回はこの地点では初めての夜明け撮影となるので、どの位置から日が昇るのかもよく分かっていない状態だ。そして、これが最も大事な要素だが、夜明け前における治安の良し悪しの調査も必要だ。ここは日本ではなくて海外。身の危険を感じるような場所であれば、安全を最優先して撮影を諦める必要があるだろう。

今回は幸いにして駐車場エリアのすぐ近くに「アイロン・モスク」があるので、今回は日の出前の「アイロン・モスク」をご紹介したい。ほぼぶっつけ本番のカットなのでボクのイメージしていたものとは全く異なってしまったが、出来る限り通って納得のいくカットをゲットしたいものだ。


機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

撮影時間 朝6時14分

プトラジャヤ「IRON MOSQUE 夜明け前」を70-200mm F2.8 IIで切り撮った。この周辺は歩いた事がなく、100万越えの機材を抱え暗闇の中をひとり暗中模索で歩きまわっていたが、このようなマネは非常に危険なのでお勧めしない。素でナタとか持った男が襲いかかってくる事がある。

「Formura E」のサーキット会場として道路が封鎖されており、お目当ての場所に到達する事は出来なかったが、アイロンモスクの撮影ポイントを見つけて撮影を開始した。ほぼ無風状態だったので水面反射を利用した上下に分割構図とした。左手前の桟橋にもピントを合わせるべく、F8まで絞り込んでいる。

露光中は周囲を見まわして、ナタを持った怪しい者が急に襲ってこないかビクビクしながら撮っている(※マジ)。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 20s
ISO感度 ISO200
露出補正 +3.0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 70mm
AFモード マニュアルフォーカス
VR OFF
ピクチャーコントロール 風景
三脚 あり/レリーズケーブル/ミラーアップ

機種 D4 「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」

撮影時間 朝6時29分

久しぶりに「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」を持ち出して撮影した。14mmだと広角すぎて足元の柵など余計な物が写りこんでしまうため、24mmで撮影している。

星のような点が写っているが、流れていないものは長秒露光の熱ノイズだ。
レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
露出モード 絞り優先オート
絞り F9
露光時間 30s
ISO感度 ISO200
露出補正 +1.0
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 24mm
AFモード マニュアルフォーカス
ピクチャーコントロール 風景
三脚 あり/レリーズケーブル/ミラーアップ

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

撮影時間 朝6時39分

夜明けになると10分違うと全く違う空の色になる。実はこの時、写真とは関係ない出来事が色々あって、空がブルーモーメントに染まる美味しい時間は撮影に集中できなかったのが残念。

それでも、合間を縫って意地でも撮影した「アイロンモスク」。

5秒間という長時間露光にもかかわらず、街路樹の葉が完全に静止している。朝の静寂を感じられる1枚となった。
いずれにせよ、非常に広大な場所なのでブルーモーメントが本当においしい10分間では、本命カットを1枚撮るのが精一杯だろう。だからこそ、何度も通う必要があるのだ。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 5s
ISO感度 ISO200
露出補正 +1.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 85mm
AFモード マニュアルフォーカス
VR OFF
ピクチャーコントロール 風景
三脚 あり/レリーズケーブル/ミラーアップ

機種 D4 「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

撮影時間 朝6時51分

「Putrajaya」の早朝。ここは政府機関が集中する街で、政治の中心街だが、夜明け時は非常に静かだった。

その後、この街は「Formura E」の熱気に包まれ事た。


「プトラジャヤの朝」
一度来ただけでは、その1%も撮った気がしない。
近いうちにまた訪れるだろう。
レンズ AF-S NIKKOR
70-200mm f/2.8G ED VR II
露出モード 絞り優先オート
絞り F8
露光時間 1/2s
ISO感度 ISO200
露出補正 -0.3
測光モード マルチパターン測光
焦点距離 70mm
AFモード マニュアルフォーカス
VR OFF
ピクチャーコントロール 風景
三脚 あり/レリーズケーブル/ミラーアップ


「Putrajayaの夜明け -2-」へ


TOP